アナリーゼ ソルフェージュ レッスン 練習

教則本の使い方

Pocket

学生のときに別の先生門下の友人にその先生のところではどんな教則本でレッスンを受けてるのか尋ねてみたことがありました。

有吉尚子です。こんにちは!

そのとき友人が使ってると教えてくれた教則本は、当時のわたしの目から見ると簡単すぎて音大も終わり間際にわざわざやるような本ではないと感じたんです。

だから「どうしてそれをやるの?」とさらに尋ねました。

その答えは「これをinCで読んで移調してやるんだよ。難しいんだ!」というお返事。

なるほど!と思いました。

ひとつの本でも使い方を変えて何度でも学びを深めたり新しいスキルを身につけることが出来るんです。

エチュードや教則本はどの課題にもこれを学び身につけるための、というよう狙いがあって書かれているものです。

スタッカートの練習とかフレーズ感を学ぶとか、色んなパターンがあるでしょうが、そういう意図を持って書かれた本も使い方次第で難易度や学びの濃度は全然変わります。

ただの音階練習でも指使いを覚えたり楽器の音を出すことに慣れたりする目的でやるのと、それをどう音楽的にするか考えながらやるのでは効果が違うのは当たりまえのことですね。

短い曲になってるエチュードでも、ざっくり一曲を通せたというのを目標にするなら30分もあれば出来るかもしれませんが、フレーズの流れをどうするか和声をどう考えるかなんてことまで含めたらとても1週間やそこらでは練習しきれないと思います。

その短い一フレーズをどう使って自分の何を変えたいのか、意識的になったことはありますか?

もしも何も考えずに有名なエチュードただを通して満足して次々進んでいたとしたら、かなりもったいないですよ。

せっかくやるなら何をどう使うかいちいち考えて練習を進めていきたいものですね!

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アナリーゼ, ソルフェージュ, レッスン, 練習

© 2021 聴く耳育成メソッド