楽器練習効率化ガイドブック

学生のときに別の先生門下の友人に
その先生のところではどんな教則本で
レッスンを受けてるのか
尋ねてみたことがありました。

有吉尚子です。こんにちは!

そのとき友人が使ってると
教えてくれた教則本は、
当時のわたしの目から見ると
簡単すぎて音大も終わり間際に
わざわざやるような本ではない
と感じたんです。

だから「どうしてそれをやるの?」
とさらに尋ねました。

その答えは
「これをinCで読んで移調して
 やるんだよ。難しいんだ!」
というお返事。

なるほど!と思いました。

ひとつの本でも使い方を変えて
何度でも学びを深めたり新しい
スキルを身につけることが
出来るんです。

エチュードや教則本はどの課題にも
これを学び身につけるための、
というよう狙いがあって書かれて
いるものです。

スタッカートの練習とか
フレーズ感を学ぶとか、
色んなパターンがあるでしょうが、
そういう意図を持って書かれた本も
使い方次第で難易度や学びの濃度は
全然変わります。

ただの音階練習でも指使いを
覚えたり楽器の音を出すことに
慣れたりする目的でやるのと、
それをどう音楽的にするか
考えながらやるのでは効果が
違うのは当たりまえのことですね。

短い曲になってるエチュードでも、
ざっくり一曲を通せたというのを
目標にするなら30分もあれば
出来るかもしれませんが、
フレーズの流れをどうするか
和声をどう考えるかなんてことまで
含めたらとても1週間やそこらでは
練習しきれないと思います。

その短い一フレーズをどう使って
自分の何を変えたいのか、
意識的になったことはありますか?

もしも何も考えずに有名な
エチュードただを通して満足して
次々進んでいたとしたら、
かなりもったいないですよ。

せっかくやるなら何をどう使うか
いちいち考えて練習を進めて
いきたいものですね!

もっと色々詳しく知りたいよ!
という方はメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
が無料でご購読いただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。