アナリーゼ アレクサンダー・テクニーク ソルフェージュ 練習 音楽理論

腰を据えて学ばない方がいい?

Pocket

音楽をする上でもし可能ならできるようになった方がいいこと、何か思いつきますか?

ソルフェージュや理論なんかは代表的なものかもしれませんね。

有吉尚子です。こんにちは!

そういうことって忙しかったりお金がなかったりなど、得てしてなかなか着手できなくて実際に身につくことってあまりないのではないでしょうか。

私も英語なんかはずっと「いつかそのうち勉強しよう」と思ったまま何年も着手していません(笑)

これ、差し迫った必要がないからなんですよね。

この人と会話したいとか、この本を読みたいとか、そういう英語を使ってやりたいことがはっきりしていないんです。

音楽理論もなんとなくやった方が良さそうだとは思っていても、差し当たり他にやることが目の前にたくさんあれば目的のあやふやなことは後回しになってしまいがち。

とってもよくわかります。

では。

一念発起して音楽理論やソルフェージュに取り掛かるというのはハードルが高いとしたら普段の練習の時にほんの少しだけ取り入れてみるのはどうでしょう。

例えばスケールをやるときにその音階という短いフレーズに簡単なストーリーをつけてみるとか

新しい曲を見始めるときに音を声に出して読んでから吹いてみるなんてことでも、

譜読みが早くなったり歌い方がクリアになったりはするものです。

やりたいことがより効率的により深くできるんだとしたら理論を腰を据えてやらなくても効果は充分ですね。

理論そのもののための理論、なんてものよりもやりたいように演奏するための使えるちょっとした小さなツールの方が役に立つかもしれませんね。

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アナリーゼ, アレクサンダー・テクニーク, ソルフェージュ, 練習, 音楽理論

© 2021 聴く耳育成メソッド