楽器練習効率化ガイドブック

普段レッスンってどういう目的で
受けるかはっきりしていますか?

有吉尚子です。こんにちは!

もちろん人それぞれ違う目的が
あっていいと思いますが、
何となく受ければ上手になるかも、
なんていう感じで受けては
いないでしょうか。

それだとちょっともったいない
かもしれませんね。

例えば真剣に上達しようとする
音大生や受験生なら
前回のレッスンで得た内容を
一週間かけて消化して、
自分でやってきたことが
行きたい方向とずれていないか
確認してもらうことと、
次の課題を得るために
レッスンを受けに行きます。

趣味でやっていて普段は全然
練習ができないからレッスンは
アドバイスを受けながら
音出しをする機会、
というケースもあるでしょう。

これからの練習に役立てるための
知識がほしくて行く場合も
あるかもしれませんね。

教える側と受け取る側の
お互いが納得しているなら、
どういう受け方が良いとか悪い
ということはありません。

それでも自分が何を求めて
時間とお金と労力をかけて
出かけていくのかあいまいだと、
何が受け取るべき情報なのか
整理されていないので
目的がはっきりしている場合に
比べると学びの質はいまいちに
なってしまいがち。

漫然とレッスンを受けても
ただ何となく上手くなったような
気分にはなるかもしれませんが、
受け取りたかったものをちゃんと
得られる機会になる方が
先生も生徒もお互いに充実した
時間にすることができますね。

たまには振り返ってみるのも
いいかもしれませんよ!

こんな記事が毎日届くメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
は無料でお読みいただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。