楽器練習効率化ガイドブック

四国からサックスの音大受験生と
その生徒さんを学校の吹奏楽で
指導されてる先生がお二人で
レッスンにいらっしゃいました。

先生はもともとピアノ専攻で
管楽器は専門ではないのに
部活指導では管楽器を
教えなければならず勉強したい
とのことでした。

生徒さんは
受験のための基礎を中心に
発音やタンギングを改善
したい
とのことで、ブレスのことを
メインに見てみました。

管楽器の呼吸は弦楽器の弓のように
視覚的にわかりやすいもの
というわけではないので、
やはり実際にやってみて
音を聴き比べるのが奏法を
考えるときの近道になりますね。

隣でみていた先生は生徒さんの
音の変化に驚いて色々質問
されていたのが印象的でした。

おふたりからレッスン後に
頂いた感想をご紹介します。

↓↓↓ここから↓↓↓↓

【生徒さんから】
今日お世話になった
Y先生の生徒です!

今日は、大変勉強になりました!

今日教わったこと、
活かして頑張ります!

ありがとうございました!

~~~~~~~~~~

【先生から】

有吉尚子先生へ

今日は大変お世話になりました。

私も生徒も目からウロコが
いっぱい過ぎて!
という感じでした。

今度は私もレッスンが
受けられるように頑張ります 笑

●このレッスンに申し込んだ
キッカケは何ですか。

メルマガでレッスンのお誘いがあり
いつかは行きたいと、
ずっと思っていました。

今回、生徒のオープンキャンパス
同行のチャンスに思い切って
申し込みました!

●レッスンの前のお悩みは
どんなことでしたか。

自分自身が吹奏楽器の
経験がないまま、
部活指導で身体の使い方を
教えることが多くあるのですが、
確信を持てないまま
指導していたこと。

●解決した・解決できそうなことは
ありましたか。

身体の仕組みを考えると、
理にかなう説明がたくさん
できることがわかりました。

楽譜の読み方も表現したいことを
意識して音を作っていくこと
というのは、
いろんなことに囚われていた
自分に気づくことができました。

●特に印象に残ったこと・
やってみようと思ったことは
ありますか。

まずは、呼吸の使い方。

そして楽器の響きを身体を利用して
作るということです。

●このレッスンはどんな人に
オススメだと思いますか。

吹奏楽の指導者に
本当にオススメです!

特に自分が吹奏楽器を経験
していない方が生徒を指導するとき、
曖昧なままで指導していることが
多いと思うので…。

生徒を連れて行けたのも、
後輩に伝えるという意味で
ラッキーでした。

●ご感想・コメントはありますか。

身体の使い方など、
今まで考えていたことと違うこと。

楽譜の捉え方などは
特に目からウロコ。

いろんなことに囚われていました。

まだ戸惑い気味ですが、
じっくりと現場で
活かしていきたいです!

●有吉尚子ってこんな人でした。

とっても優しくて、
わかりやすく教えてくれる人。

こちらがうまく表現できないことを
整理してきちんと
伝えてくれる方です。

四国より 教員&生徒
先生 ピアノは長いですが、
クラリネットに挑戦中。
生徒さん サックス3年目

↑↑↑ここまで↑↑↑

呼吸の仕組みやブレスについては
メルマガでも色々書いていますが
実際に音が変わる体験をしたり、
変化を目の当たりにすると
知識として知っていたものが
実際に使えるスキルになって
いきますね。

発音もタンギングも結局は
ブレスコントロール次第なもので、
今回はレッスンで色んな
バリエーションを提案したので
これからの練習でそれを深めて
よりやりたい音楽につながるように
実験し続けていっていただけたら
と思います。

Y先生、Sくん、
遠くまでありがとうございました!

レッスンのスケジュールと
詳細はこちらからどうぞ。
▼▼▼▼▼

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。