アレクサンダー・テクニーク コミュニケーション 身体の仕組み

アンブシュアは真ん中が良い?

Pocket

アンブシュアを確かめようと鏡を見ながら吹いた時に、マウスピースが顔の真ん中じゃないところにあったりアパチュアが左右にズレていた、なんてことに気がついたことはありませんか?

有吉尚子です。こんにちは!

発見してしまうと気になるものなんですよね。

真ん中に直すとどうだろう?なんて自分で試したことのある方は多いと思います。

ところで。

自分以外の生徒さんなどでアンブシュアが真ん中でない人を見かけた時にどうしていますか?

その人の歯並びや筋肉のバランスでベストな位置は変わってくるので「真ん中でないとダメだから直しなさい」なんてもちろん言いませんよね。

実際見た目の真ん中と身体の構造上本人が演奏しやすい位置ってズレていることがとても多いです。

鏡で自分で真ん中にしてみようとしたことのある方ならわかるでしょうが、自分のしっくりくるポイント以外の位置で吹くと単にやりにくいだけでなく無理な力をかけたりするようになってしまいます。

言ってしまえば見た目として真ん中であることには何の意味もないんですよね。

奏法がまだ安定していない子供など選択の仕方もまだわかっていないことも多いですから、「真ん中じゃないとダメだよ」なんて言われては影響を受けて奏法を崩してしまったりもします。

絶対に誰にでも「これが正解」なんて位置はないので気になったら専門家に動きを見たり音を聴いたりして判断してもらいたいですね!

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アレクサンダー・テクニーク, コミュニケーション, 身体の仕組み

© 2021 聴く耳育成メソッド