楽器練習効率化ガイドブック

「この関節が自由に動ける方が
 音が良くなる」
なんてことを知ったとき、
どれどれ?なんてまずそこを
動かしてみたくなりますよね。

有吉尚子です。こんにちは!

動かしてみたくなるのは
普通の心理ですから
別に悪いことじゃありません。

ただし。

自由に振動したり奏法コントロール
のために必要なときに
固まっていないで動けるように
しておくことは、
意図的に動かし続けるのとは
ちょっとだけ違うことなんです。

どういうことなんでしょう。

何か意図を持って動かすときには
筋力を使いますよね。

それは不必要なことをしないから
外からの力(ここでは特に振動)
によって勝手に
受動的に動かされる
のとは違った筋肉の働きです。

「自由に動ける」
というのは不必要なことを
していないから必要なときに
動きが起こるのに余計なストレスが
かからないという状態です。

動ける方が良いと知ったら
つい動かしてみたくなる気持ちは
よくわかるんですけれどね。

アレクサンダー・テクニークでは
「undo」なんて言ったりします。

意図的には何もしないことで
身体のシステムがやりたいことに
対して上手く作用することを
信頼して、
自分で何かしようと余計なことを
しないという考え方です。

これは何もしないということでも
無いんですけでどね。

というのはもちろん演奏には
筋力は必要ですから、
全身がダルダルに緩んでいればいい
というものでもありません。

やっぱり何かはする必要はある、
ということ。

ちょっと専門的なお話に
なってしまいましたが、
結局大切なのはやりたいことに
対する必要なことと不必要なことの
バランスを上手く取っていくこと
なのかもしれませんね。

こんな記事が毎日届くメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
は無料でお読みいただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。