ソルフェージュ 受講者さんの声 試奏会のご感想

選定品より自分に合う仕掛け

Pocket

不定期でコンサートやライブに一緒に行きましょう!という企画や試奏会などイベントをやっていますが、今回はクラリネットのマウスピースなどセッティングの試奏会をしたとき参加して下さった方の声をご紹介します。

↓↓↓ここから↓↓↓

●この試奏会に申し込んだキッカケは何ですか。

2年位同じマウスピース・リガチャーを使用していましたが、マウスピースのジョイントが緩んできたこと。

セッィングを変えたいと少し前より考えていて申込みました。

●試奏会の前のお悩みはどんなことでしたか。

吹奏感が重いことと、早いパッセージが吹きにくい。

ppが吹きにくいなど。

●解決した・解決できそうなことはありましたか。

ストレスフリーな吹奏感で、楽器の鳴りも変わりました。

高音の伸びもでて、課題だった早いパッセージの所も凄く吹きやすくなりました。

●特に印象に残ったことはありますか。

同じマウスピース・リガチャーでも個体差があり、吹奏感にすごく差があることに驚きました。

●この試奏会はどんな人にオススメだと思いますか。

アマチュアの全ての方にお勧めだと思います。

●ご感想・コメントはありますか。

試奏会中ずっと吹いていると、どれが良いのか分からなくなってしまう事があったのですが、的確なアドバイスを頂けたお陰で自分にとってベストなセレクトができたと思っています。

とても感謝しています。

ありがとうございました。

プロの方に選定していただいたものを通販で購入していましたが、吹くのは自分で合う合わないがあるのでやはり自分で吹いて選んだものが良いと思いました。

記念にDivineが吹けて嬉しかったです(笑)

●有吉尚子ってこんな人でした。

以前レッスンでお世話になったり、演奏会を聴きに行ったことがあったので初対面ではないのですが話易いですし面白いし大好きです。

笑顔がチャーミングです♪

東京都 主婦
Kさん
楽器 クラリネット(クランポンRC)

↑↑↑ここまで↑↑↑

Kさんは以前私が教えていた音楽教室にクラリネットを習いにいらっしゃってた方ですが、都心に出る機会は多くなく新しい楽器やマウスピースが発売されたときになかなか気軽に吹きに行けないとのことでしたが、今回は新大久保の楽器店ダクでの試奏会にいらっしゃって興味のあった機種を色々試していらっしゃいました。

吹きながら聴こえる音と外から客観的に聴く音は違うし、やはり吹き続けるとわからなくなってくるものなのでフィードバックがあるところで試し吹きをしてみるのも選ぶ助けになることですね。

また「○○先生の選定品」というものは選定した方の好みや吹きグセなんかも反映しているので、自分に合うかどうかはやっぱり実際に吹いてみないとなんとも言えないところでもあります。

この日は良いセッティングに出会えたようで何よりです。

Kさん、ありがとうございました!

講座やイベントなどの詳細はこちらからどうぞ。
▼▼▼▼▼
https://open-eared.com/how_to_learn/

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-ソルフェージュ, 受講者さんの声, 試奏会のご感想

© 2021 聴く耳育成メソッド