楽器練習効率化ガイドブック

「たくさん演奏を聴きなさい」
なんて言われても何を選んだら
おいいものかわからないから
つい知ってるものばかり
聴いてしまって新たなものに
なかなか出会えない、
そんなことってないでしょうか。

有吉尚子です。こんにちは!

今回は個人の趣味という話ではなく
アンサンブルの規範として
参考になる音源をご紹介します。

【ボロディン四重奏団】
https://youtu.be/im6tp9xAJFc

このアンサンブルは
各楽器のバランス音楽運びの
推進力が低音にあること
発音の明確さなんかが
とっても参考になります。

チェロが全体の中でどんな役割を
担っているかに注意して
聴いてみましょう。

一般的に1st奏者がリーダーで
みんなを引っ張っていくような
イメージがあるかもしれませんが、
それだとそもそも発音に時間が
かかる低音が置いて行かれて
高音ばかり先に進んでるような
アンサンブルになってしまいがち。

それにハーモニーの土台は
低音ですから、
本当に上手なアンサンブルは
チューニングも低い音から
とって上に重ねていきますね。

歌い方の趣味とかではなく、
アンサンブル作りの規範として
聴いておきたいグループです。

はじめはチャイコフスキーなどは
楽曲自体が複雑でアンサンブルの
構造より歌い方などが気になって
しまいがちなのでベートーベンの
作品から入るのがおすすめです。

一回二回聴いても
「ふーん、そうなんだ」
で終わってしまい
『知ってるだけで
 使えないただの知識』
になってしまうことが多いので
ぜひCDを購入して何度も何度も
繰り返し聴いてみましょう。

そうすると頭に残って自分が
実際にアンサンブルするときの
基準レベルが上がっていきますよ!


アマゾンリンク

こんな記事が毎日届くメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
は無料でお読みいただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。