アレクサンダー・テクニーク 練習 身体の仕組み

楽器の重さはどこで支えますか?

Pocket

楽器を持ったときに重さを支えてくれるのは骨と筋肉のどちらだと思いますか?

有吉尚子です。こんにちは!

正解は、です。

重さを支えるというと筋肉で頑張って・・というイメージがあるかもしれませんが、構造物としてバランスが取れたら骨はそれ自体の形によって重さを支えます。(ポッキリ折れたりしない限り)

もちろん人間の骨格はたくさんの関節があって動くものですから放っておけばぐらぐらしますけど、それを常にバランスよく微細に調整するのは筋肉のお仕事。

筋肉だけで重さを支えよう!なんて頑張る場合、そのための筋肉は常に収縮し続けていなければならないので結構大変ですが、骨の構造による支えに頼ることができたらほんの少しのバランス調整だけで同じことができるということがあります。

大きくて重い楽器はもちろん、フルートやクラリネットなど小さい楽器も身体の軸(ここでは脊椎のこと)から離して持つほど骨の構造による支えではなく筋力で持ち上げることになります。

必要以上にひじを開いていたり高い位置で構えたりすると何だかプルプルしてくるのはそのための筋肉がずっと頑張っているからというわけ。

できるだけ身体に楽器を引き付けておく!なんてことは必要ありませんが、少ない筋力で構えておけるなら、その方が響き(振動)をジャマせず有利なはずですよね。

また、無理のない一番ラクな姿勢や構え方というのは体調や持ち替え楽器の重さの違いなどその時々で変わるものですから、「いつもどんな楽器でもこの姿勢で構えなければ!」なんて思わずその都度その都度一番無理のない姿勢はどこかな?というのを考えてみるのも良いアイデアかもしれませんよ!

ピンときたら取り入れてみてくださいね!

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アレクサンダー・テクニーク, 練習, 身体の仕組み

© 2021 聴く耳育成メソッド