アナリーゼ コミュニケーション ソルフェージュ レッスン 練習

初見の得意なひとの苦手なこと

「あなたはソルフェージュが
 出来ていません」
とレッスンで指摘されるんですが、
どうしたらいいのでしょうか。

というご相談をいただきました。

有吉尚子です。こんにちは!

ソルフェージュは生まれつきの
才能だから生まれ変わらないと
ダメです、
なんてことはもちろんありません。

このご質問を頂いたときに
もしかしてソルフェージュは
教わって身につけるものだという
ことさえ知られていないのでは、
と内心びっくりしたのでした。

なんとなくいつの間にか出来ている
という人でも
近くで練習してる人がいたとか
親から知らぬ間に教わってた、
なんてことがほとんどです。

だって西洋音楽以外の音楽は
音程感覚も音階も和声感も
全然ちがうのもですから。

西洋音楽だけ遺伝子で
生まれつきになにか伝わる
なんてことはないと思います。

もし万が一そんなことがあって
西洋音楽の感覚を
生まれつき持った子供が
中東やアフリカなど全く違う
音楽文化の地域で生まれて
しまったらそれこそ一生苦労
するかもしれない悲劇ですから。

と、話を戻しましょう。

この
「あなたはソルフェージュが
出来ていません」
とレッスンで指摘した先生は
じゃあどうしたらいいかは
教えてくれなかったのでしょう。

もしかしたら
「そんなの単純に習いに
 行けばいいに決まってるし
 相手もわかってるはずだ」
と思ったのかもしれませんね。

わからないことの
何がわからないのか、
ということがお互いに
共有できていると思っていたら
そうではなかったというのは
レッスンでのコミュニケーション
について振り返ってみたくなる
ことだなと思いました。

で、お返事としては
「私のところにレッスンに
通うといいですよ」
というのはまあそうなんですが、
それ以外に普段の練習や日常でも
気をつけられることがあれば
いいですね。

その生徒さんの演奏を少し見せて
頂いたところ、
音符は読めてそれを音にすることは
問題ないのですが、
前の音と次の音のインターバルが
どれくらいなのかがきちんと把握
できていないようで縦のハーモニー
ではなく横の旋律のつながり
としての音程が不明確でした。

なのでこのときはドからレに
行くときとドからミに行くときに
どれくらい離れた感じがするか
気をつけて吹いてみましょう、
という提案をしました。

初めてのときに初見が速かったり
たくさんの曲を急いで譜読み
しなければならなかったりする人が
よくやりがちことに、
「この音はこの指」
「この音はこのアンブシュア」
というように音と奏法を直結させて
認識していることがあります。

これだと音符を見てから
頭に出したい音を用意することが
抜けてしまうので、
音程の前後関係なんかは
あやふやになりがちなんですね。

楽譜を見て
「あ、ドだ。次はレだ。」
と思ってるよりは
「今のドからこれくらい離れた
レの音を出そう」
と思うほうが正確な演奏
なります。

それがソルフェージュのできてる
演奏に聴こえるの要因の一つです。

何をしたらいいかわからないけど
何か試したいって方は
取り入れてみてくださいね!

こんな記事が毎日届くメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
は無料でお読みいただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。
メール講座

受信形式

HTMLメール

文字メール

-アナリーゼ, コミュニケーション, ソルフェージュ, レッスン, 練習

© 2020 聴く耳育成メソッド