アレクサンダー・テクニーク 思考と心 身体の仕組み

胸が動くブレス

有吉尚子です。こんにちは!

私はアレクサンダーテクニークに
出会うまで肋骨は動かないもの
だと思い込んでいて、
そういうものとしてブレスを
していました。

それの何が問題かというと、
肋骨が動かないという思い込みは
自分で肋骨を動かさないように
止めておくということを
引き起こしていたんです。

胸がブレスの時の大きく動いて
見える人は太っているから
なのかもしれないし、
肋骨が動くとか気のせいか
何かの間違いでしょ?
なんて思っていたくらい。
(意味不明ですね。笑)

本当は肋骨の脊椎と接してる部分は
関節なので呼吸の時には動きます。

それもかなりダイナミックに。

それを知らないで同じように
肋骨を動かさないようにブレス
をしている方は結構いるようで、
講習会なんかでブレスで動いてる
肋骨を触ってもらうと
わあ!という驚きの声がほぼ毎回
聞こえてくるくらいです。

前側の肋骨の一部は軟骨で、
ねじれたり広がったりできます。


(半透明な部分が軟骨です)

だから脊椎に接してる関節から
肋骨が動いたからって
骨折するようなことはありません。

ブレスのときには胴体全部が
ふくらむものなので、
安心して肋骨も動かして
しまいましょう!

たくさん空気が入ってきて
演奏しやすくなるかもしれません。

ぜひ試してみてくださいね!

こんな記事が毎日届くメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
は無料でお読みいただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。
メール講座

受信形式

HTMLメール

文字メール

-アレクサンダー・テクニーク, 思考と心, 身体の仕組み

© 2020 聴く耳育成メソッド