コミュニケーション レッスン 思考と心

レッスンは答えを教えてもらう場所?

レッスンを受けるとき、
つい先生が何か答えをくれるのを
アテにしてしまってはいませんか?

有吉尚子です。こんにちは!

わからないことがあるからこそ
レッスンに行くという場合、
もちろん簡単に解答が得られたら
ラクですね。

でも簡単に答えだけ
教わったことって、
本当に使える技術として
身につくのでしょうか。

もしかしたら家に帰って翌日には
「あれ?なんだっけ?」
なんてことになっては
いませんか?

反対に、自分で考えたり
探したりしたことは
使える技術や知識として
定着しやすいものですね。

またそれだけでなく、
答えをもらうばかりなのが習慣に
なってしまえば先生やトレーナーが
言ったことを無検証に丸飲みする
ことになってしまうのでは
ないでしょうか。

先生と言っても骨格や性格も
人によってそれぞれなので、
誰かにとって良いと思うことが
必ず他の誰にでも当てはまる、
なんてことはそんなにありません。

先生が勧めてくれた奏法が自分に
合ってないなと思ったら自分用に
アレンジするようなことも
時には必要かもしれませんね。

もしも自分に合わないアイデアを
もらった時には、
「それを採用しない」
というのも大切な選択です。

すぐに答えをもらってそれを
無検証で受け入れるのではなく
自分で考えてみる機会、
大切にしたいものですね。

こんな記事が毎日届くメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
は無料でお読みいただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。
メール講座

受信形式

HTMLメール

文字メール

-コミュニケーション, レッスン, 思考と心

© 2020 聴く耳育成メソッド