アナリーゼ ソルフェージュ レッスン 思考と心

「美しい」音だけ出せれば満足ですか?

Pocket

有吉尚子です。こんにちは!

私はレッスンの時によく「どんな風に吹きたいですか?」と尋ねます。

お返事として多いのは「綺麗に吹きたいです」というもの。

ではそれはどんな曲のどんな場面でどんなところが綺麗なんですか?

と質問すると、結構あいまいなイメージなのが判明したりなんてことも。

どんな作品のどんな場面でもただ単に「美しい演奏」しかできなければショスタコーヴィチの交響曲やストラヴィンスキーの室内楽作品なんかはどう演奏するんでしょう?

音質がクリアで輪郭があって・・なんていう好きで目指したい音のイメージはもちろん大切です。

それに加えて、音楽をするなら美しい以外の激しい表現や絶望的な表現やスケルツァンドな表情や、その他いろんなニュアンスが必要ですね。

激しかったり苦しかったりな表現と比較した時に綺麗な表現はその魅力が際立ちますが、いつも綺麗なだけではいつも無表情で面白くない美人みたいなものかもしれません。

練習する時に「どの曲のどんな場面でどういうニュアンスを出したいから」というやりたい表現の使い所がはっきりしているでしょうか?

「とにかく綺麗にスケールをやる」なんて曖昧な練習は残念ながらあまり意味がないのでたまには振り返ってみるのも良いかもしれませんね!

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アナリーゼ, ソルフェージュ, レッスン, 思考と心

© 2021 聴く耳育成メソッド