楽器練習効率化ガイドブック

有吉尚子です。こんにちは!

私はレッスンの時によく
「どんな風に吹きたいですか?」
と尋ねます。

お返事として多いのは
「綺麗に吹きたいです」
というもの。

ではそれはどんな曲のどんな場面で
どんなところが綺麗なんですか?

と質問すると、
結構あいまいなイメージなのが
判明したりなんてことも。

どんな作品のどんな場面でも
ただ単に「美しい演奏」
しかできなければ
ショスタコーヴィチの交響曲や
ストラヴィンスキーの室内楽作品
なんかはどう演奏するんでしょう?

音質がクリアで輪郭があって・・
なんていう好きで目指したい音の
イメージはもちろん大切です。

それに加えて、
音楽をするなら美しい以外の
激しい表現や絶望的な表現や
スケルツァンドな表情や、
その他いろんなニュアンスが
必要ですね。

激しかったり苦しかったりな
表現と比較した時に綺麗な表現は
その魅力が際立ちますが、
いつも綺麗なだけでは
いつも無表情で面白くない美人
みたいなものかもしれません。

練習する時に
「どの曲のどんな場面でどういう
ニュアンスを出したいから」
というやりたい表現の使い所が
はっきりしているでしょうか?

「とにかく綺麗にスケールをやる」
なんて曖昧な練習は残念ながら
あまり意味がないので
たまには振り返ってみるのも
良いかもしれませんね!

こんな記事が毎日届くメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
は無料でお読みいただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。