アレクサンダー・テクニーク ソルフェージュ 練習 身体の仕組み

楽器を変えても結局は自分の音になる

Pocket

新しい機種が発売されたり良い音の仲間に仕掛けを吹かせてもらったりしたときについ欲しくなってマウスピースなどセッティングを買い換えてはみてもしばらく吹いてると結局何だか自分の音になっていってる、なんてことはないでしょうか。

有吉尚子です。こんにちは!

楽器や仕掛けを変えたら始めは音の変化が新鮮ですが、音の響きは楽器の構造だけで作られるわけではなく身体の使い方によっても変化します。

身体にどういう風に振動を伝えるかのコントロールがその一つの要因なんですね。

その人が持ってるどんな音を出そうかというイメージによって、振動のさせ方を変化させることはできます。

長く楽器を演奏していると、どんな仕掛けでも耳で聴きながら無意識でイメージに近づくようにコントロールしています。

逆に言うと

・まろやかな音にしたい

・輪郭のはっきりした音にしたい

なんてイメージが具体的であれば、セッティングは変えなくても音質はだんだん変えていくことが可能なものなんです。

もしかしたら楽器やセッティングにかけるお金を生の音をたくさん聴く機会に投資する方が効率的かもしれませんね。

ピンときたら取り入れてみてくださいね!

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アレクサンダー・テクニーク, ソルフェージュ, 練習, 身体の仕組み

© 2021 聴く耳育成メソッド