アレクサンダー・テクニーク 合奏・アンサンブル 練習 身体の仕組み

やってるほどアクセントに聴こえないとき

Pocket

曲の中で特定の音のみにアクセントをつけるとき、どうやってますか?

有吉尚子です。こんにちは!

よく見かけるのは瞬間的に少し前のめりの姿勢をしてみたり、顔で何か押し出すような動きをしてみたり、楽器の角度を変えてみたり、という身体の動き。

これ、 コンサートマスターやパートリーダーが合図として行うなら適切な動きかもしれませんが、吹奏楽器で実際音にアクセントをつけるのには実はまったく関係の無い動作なんです。

音量でアクセントをつけるということはその周辺の音より息の圧力を高めるのが必要で、息を吐くときにがんばる胴体周りの筋肉がより強く息を絞る動きをするということですね。

わたしたち人間には首やあご、顔には肺から息を吐くための筋肉はついてません。

息は肺から気道を真上に向かって吐かれていき、口蓋にあたって口の中の形に沿って前向きになるだけで、前向きに吐くための筋肉というのは存在しないんだそうです。

アクセントのために何かをがんばれるのは、胴体の一番下にある骨盤底筋や背中も含めたお腹まわりの筋肉群。

見た目ではすごくアクセントがついてるようなのに実際の音にあまり変化がつかない、という場合は働いてほしい筋肉を誤解しているという可能性もあるかもしれません。

そんな時は強く息を吐くための筋肉はどこかな?というのを整理してみると良いかもしれませんね!

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アレクサンダー・テクニーク, 合奏・アンサンブル, 練習, 身体の仕組み

© 2021 聴く耳育成メソッド