楽器練習効率化ガイドブック

曲の中で特定の音のみに
アクセントをつけるとき、
どうやってますか?

有吉尚子です。こんにちは!

よく見かけるのは瞬間的に
少し前のめりの姿勢をしてみたり、
顔で何か押し出すような
動きをしてみたり、
楽器の角度を変えてみたり、
という身体の動き。

これ、 コンサートマスターや
パートリーダーが合図として
行うなら適切な動き
かもしれませんが、
吹奏楽器で実際音にアクセントを
つけるのには実はまったく
関係の無い動作なんです。

音量でアクセントをつける
ということはその周辺の音より
息の圧力を高めるのが必要で、
息を吐くときにがんばる胴体周りの
筋肉がより強く息を絞る動きをする
ということですね。

わたしたち人間には首やあご、
顔には肺から息を吐くための
筋肉は
ついてません。

息は肺から気道を真上
に向かって吐かれていき、
口蓋にあたって口の中の形に沿って
前向きになるだけで、
前向きに吐くための筋肉というのは
存在しないんだそうです。

アクセントのために何かを
がんばれるのは、
胴体の一番下にある骨盤底筋や
背中も含めたお腹まわりの筋肉群。

見た目ではすごくアクセントが
ついてるようなのに
実際の音にあまり変化がつかない、
という場合は働いてほしい筋肉を
誤解しているという可能性も
あるかもしれません。

そんな時は強く息を吐くための
筋肉はどこかな?
というのを整理してみると
良いかもしれませんね!

こんな記事が毎日届くメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
は無料でお読みいただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。