アナリーゼ アレクサンダー・テクニーク ソルフェージュ 合奏・アンサンブル 思考と心 本番 練習

ブレスとフレーズ

Pocket

曲を演奏しながら長いフレーズの時などに「ブレスはどこでするのが いいんだろう?」なんて思ったことはありませんか?

有吉尚子です。こんにちは!

管楽器の場合、息の続く限りしか音はのばせません。

弦楽器はいいなとは思いますが、まあ仕方ないですね。

それにブレスは奏者のためだけでなく聴いてる人に呼吸させてあげるタイミングでもありますもんね。

循環呼吸でずっと吹き続けているのを見てるとこっちまで苦しくなったりしますから。

さて、曲の中でブレスをする場所って決めていますか?

タイミング良くフレーズの切れ目で吸えたらベストですよね。

言葉の句読点と一緒でブレスはフレーズの切れ目ですから。

でも、長いフレーズでとても最後まで一息では行けない場合もあります。

そんなとき、行き当たりばったりに空気が足りなくなったときに吸ってしまってはせっかくのフレーズ感が台無し。

そんなときはどうしたら?

まず、あらかじめ練習段階で狙ったとこまで一息で行けるのかどうかを確認しときます。

だめならだめで諦める!

根性や気合いや練習で劇的にブレスが長くもつようになることなんてそうそうないので、諦めは肝心!(笑)

そして行きたいとこまでもたないとわかったならば後はジタバタせずに善後策を講じます。

例えば、他の人が大きく吹いてる瞬間に吸うと決める。

あるいはどうにもならない場合はダメージの最小で済む箇所で一音抜いて吸う。

などなど。

これ、どちらもわたしのよく使う手で、オケ中の長いソロも合奏の合いの手が一発ジャンと来る瞬間に吸ったりします。

これは諦めるというよりむしろ最善の選択をするために事実を知るということですね。

大事なのはあらかじめそれを決めておくこと。

そうしないと、とんでも無いタイミングでフレーズがプッツリ切れる大事故につながりますからね。

まずはフレーズの切れ目でブレスに相応しい場所はどこなのかを探してみましょう。

ぜひ取り入れてみてくださいね!

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アナリーゼ, アレクサンダー・テクニーク, ソルフェージュ, 合奏・アンサンブル, 思考と心, 本番, 練習

© 2021 聴く耳育成メソッド