楽器練習効率化ガイドブック

今回は三重県の津でコンサートを
したときに会場近くまで
レッスンを受けに来てくださった
生徒さんの声をご紹介いたします。

遠くまで会いに来てくださる方が
いるというのは嬉しいことですね。

こういう熱意のある方には
できる限りのサポートを
させていただきたいと
思ってしまいます。

さて。
この方は音大の学生さんで、
演奏中に鼻から息が漏れてしまう、
いわゆる鼻抜けにお悩みでした。

普段から改善のために
出来ることを探していたそうで、
レッスンを受けたり
お医者さんに相談したり、
積極的に動いて
いらっしゃいました。

そんな中で
わたしのレッスンのことを知り
電車で3-4時間かかる距離を
ものともせず会いに来て
くださいました。

レッスンでは
息が抜けてしまう原因で
考えられることのいくつかや
口の中と鼻のしくみ、
どういう意図を持ったら
気になる部分が
コントロールできるか、
などをメインに演奏中や
練習するときの身体のこと
見てみました。

不可抗力として
起きてしまうことだけではなく
自分でコントロールすることも
ある程度は可能な部分もある
わかってそれを体験出来たのは
今後のひとつの自信になったのでは
と思います。

すぐにピタッと改善するタイプ
のものではありませんが、
日々心掛けられるアイデアを
いくつかお渡ししました。

音大生にとって
鼻から息が抜けてしまうというのは
これからの人生に色々と
影響のあることなので
はじめは困った表情でしたが、
レッスン後の
「これから色々試してみます」
とおっしゃっていた
意志を感じる目が印象的でした。

アンケートでご感想を
いただいたのでご紹介します。

↓↓↓ここから↓↓↓

●このレッスンに申し込んだ
キッカケは何ですか?

メルマガ

●レッスンの前のお悩みは
どんなことでしたか。

メンタル面、鼻抜け

●解決した・解決できそうなこと
はありましたか。

自分の体がどうなっているかを、
しっかり把握する。

●このレッスンはどんな人に
オススメだと思いますか。

私のように、音楽が好きなのに
苦しい事がある人にオススメです。

●今後知りたい・
やってみたいこと・
その他コメントはありますか?

もっと知りたいので、
レッスンを続けたいです。

●有吉尚子ってこんな人でした。

ネット上で見ていた通り、
お優しい雰囲気の方でした。

話を最後まで聞いてくださって、
嬉しかったです。

兵庫県
音大学生のY.Yさん
21歳
クラリネット
経験年数 10年

↑↑↑ここまで↑↑↑

今起きていることの改善は
医療面でのサポートも必要で
自分の心身をどう扱うかという
アレクサンダーテクニークだけで
完治するようなものではない
かましれませんが、
今後も可能なことがあれば継続的に
サポートしていきたいと思います。

Y.Yさん、
遠くまで会いに来てくださり
ありがとうございました!

レッスンのスケジュールと
詳細はこちらからどうぞ。
▼▼▼▼▼

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。