アナリーゼ ソルフェージュ 合奏・アンサンブル 練習 音楽理論

アナリーゼは演奏のために

Pocket

前回までに最初のA部分にどんな和音がついてるかを見てみました。

でもそれができたからって一体なんになるんでしょうか。

有吉尚子です。こんにちは!

次の和音に移る前のちょっとした引っ掛けの飾りの音は他の音よりも強調した演奏はせず経過的にさらりと演奏する、なんてことをチラッと書きました。

和音もそれぞれ落ち着きか色付けか盛り上がりかの性格によって演奏の仕方は変わります。

例外はたくさんありますが、基本的には落ち着き和音よりは色付け和音の方がテンションが高いものだし、さらに色付け和音よりも盛り上がり和音の方がテンションは高いです。

単純にそのテンションの違いを音量で表現するとしたら、盛り上がったところは大きく落ち着いたところは小さくなりますね。

それに従ってクレッシェンドとディミネンドを考えて、できたら試しに音を出してみましょう。

シンプルなテーマの一部分ですがのっぺり吹くよりずっと魅力的な演奏になるはずです。

実際のオーケストラや室内楽だとそんなに単純ではなく音質のコントロールで緊張感を出したり色んな表現をしますが、どんな風にその表現をするのかの軸になるのが和音や旋律の分析なんですね。

ぜひ取り入れてみてくださいね!

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アナリーゼ, ソルフェージュ, 合奏・アンサンブル, 練習, 音楽理論

© 2021 聴く耳育成メソッド