楽器練習効率化ガイドブック

有吉尚子です。こんにちは!

楽譜を分析するアナリーゼのことや
それを実際の演奏にどう活かすか、
なんてことをいくつかお伝え
してきました。

ここからは実際の作品では
どんな手順で分析をするか
ということもご紹介していきます。

分析なんて言われると難しいような
気がしちゃいますが、
作曲家からのお手紙を読むような
ものなので是非気軽にチャレンジ
してみてくださいね!

今回は「きらきら星」を題材に
やって見ましょう!

きらきら星って
元はフランスのシャンソンで
「あのね、お母さん」というタイトル
でしたがイギリスでthe Starという
タイトルの替え歌にされてから
童謡として有名になったそうです。

というのはウィキペディアで
ついさっき見ました(笑)

モーツァルトもこのテーマを使って
変奏曲を書いていますね。

アレンジはそれこそ星の数ほど
出ていますが、有名なところで
モーツァルトの12の変奏曲から
テーマ部分を取り上げます。

(IMSLPより)

楽譜をざっと見ると

・C-durだということ

・2/4拍子になってること

・8小節が3グループのABA形式
になってるってこと

・一番盛り上がるのはBグループの
7.8小節目あたりだということ

こんなことがわかります。

では。

各小節内の和音はどんなのが
使われているでしょうか。

たった2声部しかないから
和音なんてわからない!
ということもないんですね。

どうやって見ればいいか
ご紹介していきます。

わかりやすいのは2小節目、
ここでは上下の五線の両方を
合わせてドとミとソが
登場しています。

なので単純に考えてこの小節は
ドミソの和音が使われています。

そしてこの曲はC-durなので、
この小節は1度の落ち着き和音
なんだなということがわかります。

同じように3小節目はドファラ
なので4度の色付け和音ですね。

4小節目は2小節目と全く同じ
なので1度の落ち着き和音です。

1小節目はドの音しかないので
しようと思えば色んな解釈が
できるのですが、一旦ドミソの
1度ということにしておきます。

5小節目以降は何通りか考えられる
ところもあります。

そういうところは
どんな風に考えたらいいか、
次回また見ていきましょう!

こんな記事が毎日届くメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
は無料でお読みいただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。