アナリーゼ ソルフェージュ

きらきら星でアナリーゼ

Pocket

有吉尚子です。こんにちは!

楽譜を分析するアナリーゼのことやそれを実際の演奏にどう活かすか、なんてことをいくつかお伝えしてきました。

ここからは実際の作品ではどんな手順で分析をするかということもご紹介していきます。

分析なんて言われると難しいような気がしちゃいますが、作曲家からのお手紙を読むようなものなので是非気軽にチャレンジしてみてくださいね!

今回は「きらきら星」を題材にやって見ましょう!

きらきら星って元はフランスのシャンソンで「あのね、お母さん」というタイトル
でしたがイギリスでthe Starというタイトルの替え歌にされてから童謡として有名になったそうです。

というのはウィキペディアでついさっき見ました(笑)

モーツァルトもこのテーマを使って変奏曲を書いていますね。

アレンジはそれこそ星の数ほど出ていますが、有名なところでモーツァルトの12の変奏曲からテーマ部分を取り上げます。

(IMSLPより)

楽譜をざっと見ると

・C-durだということ

・2/4拍子になってること

・8小節が3グループのABA形式になってるってこと

・一番盛り上がるのはBグループの7.8小節目あたりだということ

こんなことがわかります。

では。

各小節内の和音はどんなのが使われているでしょうか。

たった2声部しかないから和音なんてわからない!ということもないんですね。

どうやって見ればいいかご紹介していきます。

わかりやすいのは2小節目、ここでは上下の五線の両方を合わせてドとミとソが登場しています。

なので単純に考えてこの小節はドミソの和音が使われています。

そしてこの曲はC-durなので、この小節は1度の落ち着き和音なんだなということがわかります。

同じように3小節目はドファラなので4度の色付け和音ですね。

4小節目は2小節目と全く同じなので1度の落ち着き和音です。

1小節目はドの音しかないのでしようと思えば色んな解釈ができるのですが、一旦ドミソの1度ということにしておきます。

5小節目以降は何通りか考えられるところもあります。

そういうところはどんな風に考えたらいいか、次回また見ていきましょう!

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アナリーゼ, ソルフェージュ

© 2021 聴く耳育成メソッド