アレクサンダー・テクニーク 練習 身体の仕組み

アンブシュア筋

Pocket

アンブシュアについてレッスンで質問しても先生の答えが「こんなイメージで・・」「ホースの先に例えると・・」なんていう風に感覚的でイマイチよくわからなかった、そんな経験をしたことありますか?

有吉尚子です。こんにちは!

アンブシュアって舌や歯など外から見えない口の中のことだから伝えるのになんとなくの感覚になってしまいがちですね。

しかも口の中なんて個人差が大きすぎてこれといった正解なんて一つに絞れるようなものではありません。

それでも、どの楽器でも共通して言えることが実はあるんです。

それは、唇はすぼまって閉じる働きをして開く時はほっぺたやらの周辺の筋肉で引っ張られて開くだけ、ということ。

ダウンロード (2)

唇を全体的にすぼめる、とがらすというのは口輪筋という口の周りに一周してる筋肉です。

それから下唇を閉じる方向に持ち上げるのがオトガイ筋という、アゴの梅干しになる筋肉です。

唇を閉じておくために働けるのは、実はこのふたつだけ。

あとのほっぺたやアゴにあって唇に関係する筋肉は全部、横や上や下から唇を引っ張って色んな調整をします。

アパチュアを作るのも、リードをくわえるのも息が漏れないように口を締めておくのも、すぼまって口を閉じる口輪筋

これを適切に働かせる代わりに、左右から引っ張って上下からの閉じる圧力を増そうとすると、ほっぺたが疲れます。

2017-01-12_23.30.54

管楽器奏者はほっぺたやらと唇のいくつもの小さな引っ張り合いのほんのわずかの動きでマウスピースやリードへかかる圧力のバランスを変えて音色や発音をコントロールしてはいます。

とはいえ、最初のセッティングの段階で唇の閉じようとする動きを邪魔するようにほっぺた周辺で唇を引っ張り続けるのは、ムダにアンブシュアが疲れる原因の一つになってしまうこともありますね。

またシングルリードの方に多い顎関節症は、本来唇でするはずのリードへの圧迫を咬筋など歯をかむ筋肉で長年代用したときに起こりがち。

噛むから歯で唇が切れて、それを予防するために紙を巻くと紙は響きを止めるものなので鳴りが悪くなる、だからさらに力んで噛み…という悪循環も。

まずは横から息が漏れないこと、必要なリードへの圧力やアパチュアが作れること、それができる程度に唇がすぼめられていれば充分です。

その上で、細かいコントロールについて考えて行きましょう。

何が必要で何が不要か、一度整理してみると奏法がラクになるかもしれませんよ。

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アレクサンダー・テクニーク, 練習, 身体の仕組み

© 2021 聴く耳育成メソッド