アレクサンダー・テクニーク コミュニケーション ソルフェージュ レッスン 合奏・アンサンブル 思考と心 練習

レッスン依存症

Pocket

「レッスン依存症」って言葉、聞いたことありますか?

有吉尚子です。こんにちは!

聞いたことがなくても大丈夫。私が今作った言葉ですから(笑)

とはいえ、このレッスン依存症は深刻な問題でもあるんです。

どういうことでしょうか。

現在、多くの音楽レッスンの現場では時間がありません。

1回30分のレッスンに準備と片付けまで含まれていたり、試験の準備のために部活が休まされていたり。

5118_yme3owm4yzbjodlmz

こんなんじゃほとんど何も伝えられない!

という現場はかなり多いです。

その限られた時間で、コンクールに勝つための対策発表会に間に合わせるよう曲を仕上げたりしなければならないのです。

そんな時には基礎から丁寧に、なんて言ってる場合ではありませんから、とにかく先生がいいと思う解釈を丸ごと受け入れて、先生が言った通りの抑揚をつけて演奏する、なんてことが「指導」と言われたりしています。

でも。

それって後で生徒が自分で楽譜から音楽を読み取って組み立てる力を育てられているでしょうか。

生徒自身で感じたことや解釈したことが客観的にどうなのか知るようなフィードバックの機会になっているでしょうか。

うちにレッスンにいらっしゃる大人の生徒さんでも最初の頃には、「今の演奏はご自身ではどんな風に感じられましたか?」と質問すると「わかりません」と返ってくることが多いです。

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89-1

本人がどう思ってるか何をどうしたいかを聞く前に先生が今のは良かったとかどこがどうだったかのコメントをするようなレッスンを多く受けてきた場合に、自分では何も判断しないという習慣になってしまいがちです。

本当は先生に褒めてもらいたいのではなく自分が楽しいためにやっていることなのに、自分で考えないで判断をひと任せにしたら先生の好みに合うことがゴールになってしまいます。

言われたことをやるだけではレッスンに行かなければ自分がやってる音楽が良いのかダメなのか判断できないような依存的な学び方になってしまい、先生や審査員からの評価に依存して一喜一憂するのは薬物中毒と似ているのではないでしょうか。

良し悪しの判断基準になる基礎としてのソルフェージュや楽譜の読み方を学ぶのにはものすごく時間がかかり、また教えるのにもかなりの根気が必要です。

「言った通りにやってごらん」の方が教えるのは簡単だし時間も短くて済み、コンテストやコンクールなどでも勝ちやすいです。

それでも私は音楽に初めて触れる子供たちや大人になって忙しい中で情熱を持って音楽に取り組む大人の方に、コンクールの勝ち方よりもその先自分で考えてずっと楽しく音楽をするためによりどころとなる軸としての練習方法や音の聞き方、楽譜の読み方を伝えていきたいと思っています。

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アレクサンダー・テクニーク, コミュニケーション, ソルフェージュ, レッスン, 合奏・アンサンブル, 思考と心, 練習

© 2021 聴く耳育成メソッド