楽器練習効率化ガイドブック

クラリネットを趣味にして
いらっしゃるアマチュア奏者さん。

わたしが大学時代に
お世話になった先生に師事
されていたそうですが、
しばらくお休みされていて
久しぶりのレッスンで
アレクサンダーテクニークなどの
違う刺激も!ということで
うちにレッスンを受けに
いらっしゃいました。

楽器も日本では珍しい
ドイツ管のクラリネットをお使いで
「このフレーズは
 こういう風に吹きたい!」
ということが明確だったことから、
クラリネットと音楽が本当に
お好きなんだなということが
伝わってきました。

この日はひとつふたつのフレーズに
フォーカスして
練習するときに心掛けたいことや
音を出すときに考えたいこと
などを中心に、

はやく上達するための練習の
組み立て方をお伝えしたところ、
普段の練習に応用して
やってみますとのことでした。

そんなドイツ管奏者さんから
レッスンのご感想を
いただきましたのでご紹介します。

↓↓↓ここから↓↓↓

●この体験レッスンに
 申し込んだキッカケは何ですか?

以前に習っていた先生の
Facebookで知り、
メール講座に登録しました。

普通と違う教え方に興味を持ち
体験レッスンに申し込みました。

●体験レッスンの前のお悩みは
どんなことでしたか。

しばらくレッスンをサボっていた
こともあって音が悪くなっていた。

特に高い音がきれいに出ないなど、
基本的な発音を
やりなおしたいと思ってました。

●解決した・解決できそうなことは
ありましたか。

自分で自分を観察し、
どうすれば良いかを自分で考える。

言うは易く・・ですが、
がんばってみます。

レッスン最後に吹いた
ワン・フレーズは結構きれいに
鳴っていたと思います。

●この体験レッスンはどんな人に
オススメだと思いますか。

少しでもうまくなりたいと
考えている人、

自分の欠点を見つめ直して
根本からやり直したい人など・・

●今後知りたいこと・
やってみたいこと・
その他コメントはありますか?

アレクサンダーテクニーク、
もっときれいな音作り。

次元の違ったレッスンに
なるような気がします。

●有吉尚子ってこんな人でした。

歩く姿勢が、バレリーナのように
美しく印象的でした!

辛抱強く、意思が強い方
のように思います。

東京都 会社役員
お名前:RKさん
年代:60代
楽器:クラリネット(Hammerschmidt)
経験年数:40年

img_20160630_171549

↑↑↑ここまで↑↑↑

やみくもに音を出すのではなく
一音ずつ考えて意図を持って
練習すると効率も上がっていくので
とってもおすすめです。

レッスンの最後にこういう風に、
とご自身で組み立てたイメージを
持って吹いたレガートのフレーズは
絶品の美しさでしたね。

RKさん、
どうもありがとうございました。

レッスンのスケジュールと
詳細はこちらからどうぞ。
▼▼▼▼▼

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。