アレクサンダー・テクニーク レッスン 合奏・アンサンブル 練習 身体の仕組み

大きい音と大きい身振り

Pocket

有吉尚子です。こんにちは!

大きい音と大きい身振り、見た目の動作と音量って果たして関係があるのでしょうか?

よく見かける光景ですが、すでにかなり吹き込んで演奏している奏者に「もっと大きく!」という指示があったとき、吹込みに実際必要な動きよりも「吹き込んでいるように見える動作」をしはじめることがあります。

20161227_022419

大きい音は大きい身振りで出せるものでしょうか。

また逆に小さい音にしようと思ったとき、身体を縮めたら音は小さくなるのでしょうか?

縮こまったら身体のあちこちが響かなくて結果小さい音になるということはありそうですね。

でも響かない小さい音は演奏ではほとんど使いませんね。

そして大きい音の場合は大きな動きをしても別に大きくはなりません。

力んで出そうとすれば、それをする程鳴らなくなるという無限ループが待っています。

同じことで大きな身振りでアクセントをつけているのに実際出てる音はそんなにアクセントなってない、なんてときはアクセントに必要なことが有効に行えていないという可能性もあります。

他にもキレのある音形はキレのある動きとも違いますし、

スタッカートで不要な動きをするために身体がぶれて必要なことができずうまくスタッカートにならないなんてことも。

2016-12-27_02-30-05

では大きな音を出すときやアクセントをつけるときに必要な動作ってどういうものがあるでしょう?

もちろん吹きこむための強力なサポートはお腹周りの筋肉ですね。

腕や肩や指の力は、残念ながら音を大きくするときには関係ありません。

それから身体が出た音に共振するために無駄に力まずゆるんでいるなんてことも必要です。

音というのは振動ですから身体が必要以上に力んでいると振動を止めてしまいます。

アクセント!と思って身体を固めるのは逆効果になってしまうのですね。

やりたいことをするために本当に役に立つことは何なのか考えてみるのもたまにはいいかもしれませんね!

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アレクサンダー・テクニーク, レッスン, 合奏・アンサンブル, 練習, 身体の仕組み

© 2021 聴く耳育成メソッド