アレクサンダー・テクニーク コミュニケーション レッスン 身体の仕組み

レッスンで講師は何をみてるか

Pocket

「アレクサンダー・テクニークをやってる人には他人は骨格としてみえてるの?筋肉としてみえてるの?それとも人格?」という質問をいただきました。

有吉尚子です。こんにちは!

img_20161221_182543_275

アレクサンダーテクニークの先生になるには解剖学的なことも学んで知識として持っている必要があります。

だけれど。

人体の仕組みだけ知っていてもアレクサンダーのレッスンはできるわけではありません。

アレクサンダーテクニークはどんな人がレッスンに来ても「正しい背骨のカーヴはこう」
なんて姿勢調整をするようなメソッドではなくて、その人が何をしたいのかまたどんな体格骨格か、さらにどんなことを意図してるかなんてことによって伝える必要のあることは
変わるからです。

単純に自分がやっていることを知ることが役に立つ場合もあれば、具体的に試してみるためのアイデアが欲しい、という場合もあります。

またはレッスンでない場面ではそもそも何かアドバイスされたいとは思ってないことだってありますよね。

わたしたちのようなボディチャンススタジオで勉強したアレクサンダーテクニーク教師は相手の骨や筋肉よりもその人が求めていることは何か、自分がそれを手伝えるとしたらどんな可能性があるだろうか、ということを見ています。

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89

だからレッスンのときに「今日はどんなことに興味がありますか?何をしたいですか」という質問からはじまることは多いです。

もちろん「これをやるので気付いたことを何でもいいから教えて欲しい」なんてリクエストも歓迎です。

レッスンにいらっしゃるときは何を持ち帰りたいかが明確だと学びの質もよくなるので考えてみるのもオススメです!

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アレクサンダー・テクニーク, コミュニケーション, レッスン, 身体の仕組み

© 2021 聴く耳育成メソッド