アレクサンダー・テクニーク 合奏・アンサンブル 思考と心 練習 身体の仕組み

「調子が良い」を再現するには

練習をして本番をやって、ということを繰り返していれば誰でも調子が良い時とそうでないときを経験していることでしょう。

有吉尚子です。こんにちは!

調子が悪くなると「良い時はあんな感じだったな」と感覚を思い出してそれをやってみようとする、それをしたことのない方はいないと思います。

20161214_230423

それでは、それで元どおり調子が良くなる、という経験をしたことはありますか?

ほどんどの場合、なんか違う・・という結果なのではないでしょうか。

これは上手く行った時の感じだけを再現しようとしてしまっているからなんですね。

例えば長いフレーズが一息で吹けたなんて良い経験を覚えていたらその時のブレスの吸い心地が同じになるように、という意図で息を吸ってみるようなケースです。

実はこれだと一つ必要な手順が抜けてしまっているんです。

それは「良い時の感じになるために具体的には何をしていたか」ということ。

物事には必ず原因と結果の因果関係があります。

上手く行ったのは上手くいくために必要なことをしていたから。

思い出すのであれば上手く行ってた時はどうだったかだけでなく、どんな意図を持っていてどんなことをやってたかまで思い出してみましょう。

もちろん技術的な悩みが減れば意識は音楽的なところに向かうので調子が良くなっている時は「おお!俺は上手くなった!」なんて楽しく演奏するでしょう。

今なぜ上手く行ってるかを分析することは少ないかもしれませんね。

でもたまには立ち止まって今できてることを自分でまたは誰か他人に伝えて再現するにはどうしたら良いだろうと考えてみるのも良いかもしれません。

そしたら「偶然上手くいく」でなく意図して上手くいかせることができるようになるかもしれませんね!

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

-アレクサンダー・テクニーク, 合奏・アンサンブル, 思考と心, 練習, 身体の仕組み

© 2021 聴く耳育成メソッド