楽器練習効率化ガイドブック

メルマガ読者さんから
ソルフェージュって
絶対音感のことですか?
というご質問をいただきました。

有吉尚子です。こんにちは!

結論から言うと、
ソルフェージュは絶対音感のこと
ではありません。

確かに微妙な音程やリズムの違いを
聞き取れることは必要ですが、
ドかレかわかるということよりも
一緒に演奏している人が
どういうことをやってるのか
わかるかどうかの方が大切です。

img_20160922_190334

たとえば一緒に演奏してる人が
少し明るめの音程だったら
どうしますか?

少しだけテンポをゆったり
させたがっていたらどうしますか?

チューナーで測って正しいからって
自分は聞こえるのとは
違う音程を出す!

メトロノームに合ったリズムに
するためにゆったりしてる人は
無視する!

そんなんじゃアンサンブルは
ガタガタになってしまいますよね。

アンサンブルを一緒にやる仲間と
寄り添い合うために、
微細な音程やリズムの違いを
聞き取りたいはずです。

そして仲間がどうなってるか
わかるためには何となくだいたい
それっぽく音が並んでるかどうか、
という聞き方をしているだけでは
用が足りませんね。

わたしたち日本人なら外国人は
みんな同じ顔に見えるけど
日本人同士であれば
双子の見分けもできる、

というような興味を持って
接したときにしかわからないけど
実は着眼点を知ってたら
なんのことは無い、
そういう違いを聞き取れる耳を
持っていることが大切です。

そのためにできることは
なんでしょうか?

まずは興味を持って自分以外の人が
どんなことを演奏してるのか
耳を傾けてみることが第一歩

よくよく注意してみるだけで
聴こえることはずっと増えます。

ぜひ試してみてくださいね!

もっと色々詳しく知りたいよ!
という方はメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
が無料でご購読いただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。