コミュニケーション ソルフェージュ 合奏・アンサンブル 練習

ソルフェって絶対音感ですか?

Pocket

メルマガ読者さんからソルフェージュって絶対音感のことですか?というご質問をいただきました。

有吉尚子です。こんにちは!

結論から言うと、ソルフェージュは絶対音感のことではありません。

確かに微妙な音程やリズムの違いを聞き取れることは必要ですが、ドかレかわかるということよりも一緒に演奏している人がどういうことをやってるのかわかるかどうかの方が大切です。

img_20160922_190334

たとえば一緒に演奏してる人が少し明るめの音程だったらどうしますか?

少しだけテンポをゆったりさせたがっていたらどうしますか?

チューナーで測って正しいからって自分は聞こえるのとは違う音程を出す!

メトロノームに合ったリズムにするためにゆったりしてる人は無視する!

そんなんじゃアンサンブルはガタガタになってしまいますよね。

アンサンブルを一緒にやる仲間と寄り添い合うために、微細な音程やリズムの違いを聞き取りたいはずです。

そして仲間がどうなってるかわかるためには何となくだいたいそれっぽく音が並んでるかどうか、という聞き方をしているだけでは用が足りませんね。

わたしたち日本人なら外国人はみんな同じ顔に見えるけど日本人同士であれば双子の見分けもできる、

というような興味を持って接したときにしかわからないけど実は着眼点を知ってたらなんのことは無い、そういう違いを聞き取れる耳を持っていることが大切です。

そのためにできることはなんでしょうか?

まずは興味を持って自分以外の人がどんなことを演奏してるのか耳を傾けてみることが第一歩

よくよく注意してみるだけで聴こえることはずっと増えます。

ぜひ試してみてくださいね!

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-コミュニケーション, ソルフェージュ, 合奏・アンサンブル, 練習

© 2021 聴く耳育成メソッド