楽器練習効率化ガイドブック

メールやSNSでいただく
よくある質問のひとつに

「楽に演奏する方法を
 教えてもらえませんか」

というのがあります。

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89-6

有吉尚子です。こんにちは!

ちょっと漠然としたご質問ですが、
アレクサンダーテクニークの
レッスンを実際受けた方のご感想に
「ラクになりました!」
なんて言葉がよく出てくるので、
そこからなのかなと思います。

では、ラクになるって
実のところ一体何なんでしょう?

これはむやみに使いすぎていた力を
適切に使うようになったから
というのがひとつではないかと
思います。

というのはつまり
何の努力も工夫もしなくても
上手くいく方法を見つけた
というわけではなくて、
適切な努力の仕方がわかったため
不必要な葛藤がなくなって
ラクになった感じがするってこと
なんじゃないでしょうか。

そもそも練習の特効薬
みたいなものってありませんし、
時間をかける必要のある
ショートカットすることの
できないものもありますね。

身に付けたいと思うなら避けては
通れないこともあるんですが、
その道の通り方を教わるのが
レッスンです。

通らない方法を求めたとしたら、
ありえないものを探す
長くてゴールのない迷路に
入り込んでしまいます。

「ラクにやる」の中身が
「大変なことを避けたい」なのか
「チャレンジをうまく行かせる
 方法が知りたい」なのか
又は他の何かなのかを
整理するのは役に立つこと
かもしれませんね。

もっと色々詳しく知りたいよ!
という方はメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
が無料でご購読いただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。