アナリーゼ コミュニケーション レッスン 練習

つまらない演奏と面白い演奏の違い

Pocket

「棒吹きになってしまう」

「歌い方が変だと言われる」

そんなお悩みはないでしょうか。

そういうときに先生の趣味を教わるだけでなく自分で考えることができるようになるにはどうしたらいいのでしょうか。

有吉尚子です。こんにちは!

どこが大きくなって小さくなって、テンポを巻いたりゆるめたり、そういう抑揚は曲全体やフレーズの盛り上がりと落ち着きの関係で考えていきます。

20161018_152846

20161018_152926

変な抑揚になってしまうのは落ち着くべきところで盛り上がっていたり、また反対に盛り上がるところで落ち着きに向かっていたり、という作曲家が楽譜に書いたのと違うことをしてしまうときなど。

また、どこが落ち着きでどこが盛り上がりなのかわからず抑揚の付け方がわからないと何をしていいかのアイデアが無くのんべんだらりとした棒吹きになってしまったりしますよね。

落ち着きや盛り上がりがどうなっているかは旋律の形や和声の進行や楽器の組み合わせで
示されているので、それを楽譜から読み取って先生の解釈に頼るだけでなくどうやりたいかを自分で考えることができるようになったら楽しいでしょうね。

アナリーゼなんていうと難しいような気がしてしまいますが、盛り上がりと落ち着きの把握は普段の会話の中などで普通にちゃんと判断できているもので別に難しくなんかないんです。

ぜひ自分で自分の音楽に向き合えるようになってしまいましょう!

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アナリーゼ, コミュニケーション, レッスン, 練習

© 2021 聴く耳育成メソッド