アレクサンダー・テクニーク 合奏・アンサンブル 思考と心 本番 練習 身体の仕組み

本番中は筋肉なんてどうでもいい!

今までの記事で身体の効率的な使い方についていくつか書いてきましたが、「本番中に筋肉のことなんて考えられない!」

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89-1

なんて感じた方はいらっしゃるでしょうか。

有吉尚子です。こんにちは!

多分、たいていの演奏者は筋肉より音楽に興味があることでしょう。

ということで、実際の演奏のときには筋肉や骨のことなんか全部忘れてしまって大丈夫です!

というか、指や姿勢など身体をどう動かすか、ということに本番中の意識がフォーカスしてしまうのは大変危険でもあるのです。

たとえば指が難しいパッセージのとき、「指!」と強く思うほど途中で何をやってるかわからなくなってミスをしたりしますよね。

指のコントロールに意識がフォーカスすると大抵の場合、反対に音のことは忘れてしまいます。

難しい箇所で指が心配なのはとってもよくわかります。

わたしもそうですが、誰でもそうです。

でも、指は脳の司令通りに動きます。

脳の司令が混乱すれば、指はコントロールを失います。

具体的な出したい音があやふやになった状態で筋肉だけコントロールしようとしても目的があやふやになってダメなのですね。

じゃあどうしたら?

指やその他フィジカル面のことは自動で望む動きになるように繰り返して習慣にするのが練習するということ。

どんな動きを選択するかが意識的でなければならないというのはまだ新しい動きに慣れていないということです。

周りとのアンサンブルがどうなってるか聴き取ってそれに反応するために音をどう出したいかと言うことを考えたい時に動きについても選択する心の余裕がいつもあるとは限りません。

どんな動きが効率的かどんな選択肢があるかは練習の時に実験しておきましょう。

そして選びたい動きは意識の上では忘れてしまっても自動で選べるように繰り返して脳の回路を作ってしまう。

そうしたら演奏中に骨や筋肉について考える必要は無くなりますね。

練習の時にしたいことと本番で意図したいことの整理、ぜひやってみてくださいな!

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

-アレクサンダー・テクニーク, 合奏・アンサンブル, 思考と心, 本番, 練習, 身体の仕組み

© 2021 聴く耳育成メソッド