アレクサンダー・テクニーク コミュニケーション レッスン 思考と心 練習 身体の仕組み

指に問題はないけど運指が変な時

運指のタイミングがずれたり
違う音に行く時にかすれたり
するのは必ずしも指の問題
ではないかもしれません。

有吉尚子です。こんにちは!

今日は色んな楽器に応用できる
クラリネットの生徒さんとの
実際のレッスンのひとコマを
ご紹介します。

クラリネットを始めて一年ほど
のこの生徒さんは小指での
たくさんのキーの操作に
まだ少し不慣れです。

前の音から次の音にレガートで
移るとき、なかなかスムーズに
いかなくて音がかすれてしまったり
発音できなかったり。

この日のテーマは「ミ〜ド」が
レガートで吹けるようになること。

このときは
指が複数のキーを上手く同時に
操作できていないことが原因の
ひとつだったのですが、
指の操作のタイミングが問題で
あることはわかっていたそうです。

そこでひとつ提案。

「指でキーを操作した結果として
どのトーンホールが開いて
逆にどのトーンホールが
閉まるのか一度目で見て
確認してみましょう」

クラリネットの右薬指は
トーンホールを指で直接
開け閉めしますが、
薬指のすぐ隣にある小指は
キーの先についたタンポが
トーンホールを開け閉めします。

2016-10-10_22-01-22

2016-10-10_22-04-21

ほんの少しの差ですが、
薬指は力点と作用点が一緒なのに
小指は力点と作用点が別々なので
完全に同時に指を動かすと
トーンホールに作用するのに
ちょっとだけ時差が生まれます。

そのため小指のトーンホールの
塞がりがほんのちょっとだけ
遅くなってしまいます。

そしてそのほんの少しの
塞がりきらない瞬間にかすれた音が
出てしまうんですね。

先ほどの生徒さん、
小指が薬指よりも気持ち早く
動き出す必要があるのを確認して
もう一度やってみたら…

ちゃんと音が移り変わって
レガートになりました!

このレッスンでは
引き起こしたいことにどんな動きが
必要なのかを整理しただけです。

指に問題があるわけでは
なかったんですね!

木管楽器では似たようなケースは
たくさん出てくると思います。

もしそういう場面に遭遇したら
ぜひこのアイデアを活かして
みてくださいね!

もっと色々詳しく知りたいよ!
という方はメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
が無料でご購読いただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。
メール講座

受信形式

HTMLメール

文字メール

-アレクサンダー・テクニーク, コミュニケーション, レッスン, 思考と心, 練習, 身体の仕組み

© 2020 聴く耳育成メソッド