アレクサンダー・テクニーク 練習 身体の仕組み

呼吸のときどこが動く?

Pocket

呼吸の時に動く場所ってどこなんでしょう?

またその動き方ってどんな風なんでしょう?

有吉尚子です。こんばんは!

前回の記事で何式呼吸かを考えて動きをコントロールしようとするよりも身体全部が動けることを自分に許可する方が演奏に都合のいい呼吸ができますよ、というお話をしました。

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89-2

身体全部って具体的にはどこがどんな風に動くのか知りたい!と思いましたか?

特に知りたいと思わなくてもお構い無しに解説いたします笑

まず、は肋骨の内側にあるので肋骨が動きます。

誰かの肋骨を触りながら呼吸してもらうとその動きがとてもよくわかります。

前後にも左右にも上下にも動いていることが感じられるでしょう。

その他に横隔膜が下に下がって内臓全体が押されます。

押された内臓はお腹あたりで前後にも左右にも向かって動きます。

そして内臓は押された圧力で下向きにも動いて骨盤の中にもずれ込みます。

骨盤の一番下には骨盤底筋があり、それが内臓に押されてお腹と同じように膨らみます。

脊椎も肋骨が動くのにつれてよりカーヴしたり戻ったりの動きをします。

肋骨が動くのでその上に乗っている腕構造全体も動きます。

あちこち全体が動くことで体重のバランスも常に変わり続け、それをは微細なコントロールをしながら支えています。

空気自体は肺にしか入りませんがこんなにたくさんの部分が動くのですね。

今挙げた中に抜けていることもあるかもしれませんし全部を覚えておく必要はありませんが、たくさん動きが起きるのが自然でその何かを制限してしまうと関連した部分全部に不具合が起きるということは覚えておいて損のないことだと思います。

どうぞ参考にしてみてくださいね!

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アレクサンダー・テクニーク, 練習, 身体の仕組み

© 2021 聴く耳育成メソッド