アレクサンダー・テクニーク レッスン 練習 身体の仕組み

楽器の調整で鳴りも変わる

Pocket

楽器の調子が良くないけど楽器屋さんでの定期的なメンテナンスは特にしていないよ、なんてことありがちだと思います。

有吉尚子です。こんにちは!

調整した方がいいですよ、とはお伝えするもののなかなか行かず具合は悪いまま奏法が変なのか楽器が変なのか…なんてことになってしまってるケースもよく見かけます。

20160925_135550

音が出なければ調整の必要性もわかりやすいですが、何とか音が出せてしまう場合は「まあいいか」なんて妥協してしまうこともありますよね。

それがもし調整に出すという簡単なことで響きが大きく改善するならどうでしょうか。

例えばバランスが狂ってるためにトーンホールが塞がらなくてギュッと力を入れてキーを押さえたりしている場合。

ギュッと力をいれて押さえるには筋肉の収縮が必要です。

ムダに力んでいれば振動を止めるので響きにくく鳴りが悪くなってしまいます。

鳴りにくいからさらに力んでさらに鳴らなくなっていく…なんて悪循環は避けたいですね。

もしかしたら調整に出すという簡単なことで響きが大きく改善してしまうかもしれません。

先生の楽器を少し吹かせてもらうとその吹きやすさにびっくりする、なんてこともありがちですよね。

教える機会のある方は何だか不必要に力んでしまってるように見える生徒さんがいたら何が原因でそれが必要になってしまってるのか注意して見て、簡単に解消できる方法があるなら伝えたいものですね!

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アレクサンダー・テクニーク, レッスン, 練習, 身体の仕組み

© 2021 聴く耳育成メソッド