アレクサンダー・テクニーク レッスン 思考と心 練習 身体の仕組み

吹き込みの重さは腕じゃサポートできない

Pocket

吹き込みにパワーが必要なことを「重い」と言ったりします。

管楽器奏者には当たり前な言葉ですが、「重い」というと荷物など重量が重いことを連想しませんか?

有吉尚子です。こんにちは!

重量的に重いことと吹き込みが重いことへの対応する筋肉の違い、それが混同されていなければ別に「重い」と表現しても問題は何もありません。

どういうことかというと、吹き込みが重いなと思った時に無意識で腕など重量を支える部分でなんとかしようとしてしまうことがあるのです。

fb_img_1474532275944

空気を肺から押し出す強力なサポートができるのは腹筋群。

これをあまり意識して使わずに助けにはならない肩や腕でがんばってしまい「雨でリードが重いから肩が凝った…」なんてことが起こります。

使える筋肉をたいして使わず、効果の出ない筋肉でがんばって疲れる、そんなのもったいないですね。

また、吹き込みをサポートしようとしてノドや首のあたりで頑張ってしまうのもよく見かけますが、ノドは吹き込むためのパワーを生み出すことはできません。

前にも一度書きましたが空気を肺から出す働きについてノドでサポートできるのは「邪魔をしないこと」だけ。

ノドから空気を押し出す働きをする筋肉が人体には存在しないからです。

「重い」という言葉から連想して関係ない努力をしてしまって上手くいってないというケースは新しい仕掛けに変えたときなんかに特に起きがちなので注意しておきたいポイントですね。

ピンと来たらぜひ取り入れてみてくださいな!

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アレクサンダー・テクニーク, レッスン, 思考と心, 練習, 身体の仕組み

© 2021 聴く耳育成メソッド