アレクサンダー・テクニーク ソルフェージュ レッスン 練習 身体の仕組み

浅く座るといいのはなぜ?

Pocket

脚をどうしているかで鳴りが変わることを知っていますか?

有吉尚子です。こんにちは!

手指や呼吸に関係する筋肉が演奏に影響するのは明白ですが、脚についてはピアノやハープ奏者でないとあまり意識することがないかもしれませんね。

実は脚をどうしているかで響きが変わるので鳴りや音質にも影響があるものなのです。

img_20160922_172309

どういうことでしょうか。

響きというのは物理的な振動のことなので、振動がたくさんの場所に伝わると音量が大きくなったり含まれる倍音が増えて音質が厚くなったりするのはわかりやすいことですね。

ホールの壁や天井などに共振させるなんてアイデアはよく聞くと思いますが、骨など人間の身体も共振します。

そのときに筋肉が不要な力みをしていると振動をムダに止めてしまいます。

「脚をしっかり踏ん張って!」「支えをちゃんとして!」

というのは固まるのではなくて動き続けることなんだという意図が伝わらないと無駄な力みになり響かない奏法を作ってしまうことも。

また反対に脚をブラブラさせて不安定な状態にしておくと、今度は姿勢のバランス調整のために背中やお腹やあちこちの筋肉が働かなければなりません。

それは脚がバランス調整に参加していれば不要なはずの働きで、筋肉は働けば縮まり振動を止めるのでブラブラにさせておけばいいというものでもないのです。

ではどうしておくのが一番いいのでしょう。

演奏中には出したい音色によって色々に姿勢を変えますし、その度にぴったりな姿勢を探しているヒマなんかありません。

瞬間的に反応が必要なときにはカチカチに固まって踏ん張っていても、ブラブラにゆるんでいても必要な動きにすぐに反応できませんね。

奏法の必要や周りとのコンタクトの必要によって、すぐにどんな姿勢にでも動ける状態
が一番無理がないと言えるのではないでしょうか。

「座っていてもすぐ立てるように」なんて吹奏楽のレッスンでたまに見かける指導はそういう意味で効率的だと言えます。

浅く座るというのは見た目がカッコいいからというわけではなく演奏するときに有利な状態を作っておけるという意味があるのですね。

何となく伝統的だから、なんて理由で指示をされても受け手は意味がわからないので納得しにくいかもしれませんがなぜそれが必要かを教えてもらうと飲み込みやすくなりますよね。

ぜひ取り入れてみてくださいね!

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アレクサンダー・テクニーク, ソルフェージュ, レッスン, 練習, 身体の仕組み

© 2021 聴く耳育成メソッド