アレクサンダー・テクニーク レッスン 練習 身体の仕組み

ベルアップして鳴らなくなる仕組み

Pocket

大きな音を出すときやソロのときなど、ベルアップみたいに胸をはって背中を反らす動きをしている奏者を見たことがあるでしょうか?

有吉尚子です。こんにちは!

単純に音量を上げるという目的でやっていることもあるし、姿勢を良くして見た目にもソロをやっていることをアピールするという目的のこともありますね。

これはソロをやってます、という見た目のアピールとしては上手くいくアイデアですが、音量アップについてはあまり有効な手段ではありません。

なぜかというと、胸をそらすという動きは起きにくいように骨格が最初から設計されているから。

2016-08-28_09.43.56

写真の矢印のところを見てわかるように、背骨には反りすぎないためのストッパーのような形のトゲがあるので、そもそもやろうとすること自体に無理があるんですね。

そしてそれでもむりやり反ろうとするとき、背中側のいくつもの筋肉が上体を引っ張ってその動きを引き起こそうとします。

でもその胸反らしのための筋肉が頑張っているとブレスのときには柔らかく膨らみたい部分がすでに力んで固まっていて動きにくくなってしまいます。

しかも胸反らし筋は息を吐くときに働くと吹込みのサポートになるのに姿勢調整のためにすでに働いてると吹込みのためには使いにくくなってしまいます。

つまり、あんまり吸えないし吹き込みもしにくくなるというわけなんですね。

大きな音を出すためにはたくさんの息を使う必要があるのに、逆効果になってしまいます。

中高生によく見かけるこの動き、やめることで豊かに鳴り出したりするんですよ。

姿勢が音にどんな影響があるのか色んな姿勢を試してみるのもひとつのアイデアですね。

ピンときたら是非取り入れてくださいね!

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アレクサンダー・テクニーク, レッスン, 練習, 身体の仕組み

© 2021 聴く耳育成メソッド