楽器練習効率化ガイドブック

大きな音を出すときや
ソロのときなど、
ベルアップみたいに胸をはって
背中を反らす動きをしている奏者を
見たことがあるでしょうか?

有吉尚子です。こんにちは!

単純に音量を上げるという目的で
やっていることもあるし、
姿勢を良くして見た目にもソロを
やっていることをアピールする
という目的のこともありますね。

これはソロをやってます、
という見た目のアピールとしては
上手くいくアイデアですが、
音量アップについてはあまり
有効な手段ではありません。

なぜかというと、胸をそらす
という動きは起きにくいように
骨格が最初から
設計されているから。

2016-08-28_09.43.56

写真の矢印のところを
見てわかるように、
背骨には反りすぎないための
ストッパーのような形の
トゲがあるので、
そもそもやろうとすること自体に
無理があるんですね。

そしてそれでもむりやり
反ろうとするとき、
背中側のいくつもの筋肉が
上体を引っ張ってその動きを
引き起こそうとします。

でもその胸反らしのための筋肉が
頑張っているとブレスのときには
柔らかく膨らみたい部分
すでに力んで固まっていて
動きにくくなってしまいます。

しかも胸反らし筋は
息を吐くときに働くと
吹込みのサポートになるのに
姿勢調整のためにすでに働いてると
吹込みのためには
使いにくくなってしまいます。

つまり、あんまり吸えないし
吹き込みもしにくくなる
というわけなんですね。

大きな音を出すためにはたくさんの
息を使う必要があるのに、
逆効果になってしまいます。

中高生によく見かけるこの動き、
やめることで豊かに
鳴り出したりするんですよ。

姿勢が音にどんな影響があるのか
色んな姿勢を試してみるのも
ひとつのアイデアですね。

ピンときたら是非
取り入れてくださいね!

こんな記事が毎日届くメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
は無料でお読みいただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。