楽器練習効率化ガイドブック

ひとりの先生にしか
ついたことのない生徒さんの場合、
「先生の言うことは
 絶対に正しい!」
なんて盲信してしまうことが
よくあります。

20160826_153711

有吉尚子です。こんにちは!

先生も人間ですから
間違えることもあるなんていうのは
言うまでもないことですが、
教える側は自分がやってきて
上手く行った方法を
伝えることが多いです。

もちろんそれがダメだということ
ではありません。

ただ、
上手くいくやり方というのは
たったひとつの正解があるような
ものでもないんですよね。

骨格や体格が違えば
楽器のセッティングを
変える必要があるし、
住んでる地域で気候が違えば
同じセッティングでも
楽器の反応は変わります。

練習は自分の思考と身体を使って
楽器や気候や音楽の趣味に
アジャストさせていく作業
でもあります。

誰かにとって正しいことが
他の誰かにとっては
まったく上手くいかないアイデア
なことも多々あるわけですね。

その生徒さんに合うやり方を
提案するのは先生のお仕事ですが、
先生の言うことを丸飲みせずに
自分に合うかどうか検証するのは
生徒さんのお仕事。

とはいえ疑いを持たずに
取り入れてしまうことは
とてもよく起こりがちですから、
先生のやり方が上手くいくかどうか
自分で試してみてから
取り入れるかどうか決める
なんてことも時には必要です。

試しもせずに疑うのは問題外ですが
疑いもせずに丸飲みするのも
危険な面もあるんです。

自分がレッスンする時には
「とにかく言った通りにやれ!」
なんて指導をされる方は
この記事を読んでる方の中には
いないでしょうが、
自分で考える力を養う
というのも大切な先生の
役割りのひとつですね!

こんな記事が毎日届くメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
は無料でお読みいただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。