アレクサンダー・テクニーク レッスン 思考と心 練習 身体の仕組み

お腹の支えを説明できますか?

Pocket

吹奏楽器では音をまっすぐ保つには息の支えが大事って聞いたことはありますよね。

だけど息の支えというのは、つまり具体的に言うと何のことなのでしょう。

有吉尚子です。こんにちは!

「支え」という言葉から連想するのは安定した揺るがない何かでしょうか。

動かない、ぶれないなども連想できますね。

お腹をしっかりドンと安定させて吹くなんてイメージもあるかもしれません。

では、安定したお腹ってどんな状態だと思いますか?

膨らまして張り出すのはムダですよと以前お伝えしましたね。

安定してるというのはずっと膨らんでることではありません。

それに筋肉をカチカチに固めることでもありません。

よく見られるのが、安定させよう支えようと思って腹筋をこわばらせて硬くしているパターン。

お腹を押してもびくともしないっていう状態ですね。

筋肉をこわばらせていると疲れますから頑張ってる感・しっかり支えてる感があるのでちゃんとやってる気がして安心しますね。

だけど、まっすぐ音をのばし続けたいなら均等に同じ量の息を吐き続ける必要があります。

そして吐く息をコントロールするのは胴体の色んな筋肉群です。
(腹筋だけではありません!)

筋肉はかたまっていては働けませんから、同じ速度で息を送り続けるには動き続けなければなりません。

支えるというのはつまりは一定の形を保つことではなく、一定の速度で息が出ていくように力加減の調整をしながらコントロールし続けること。

動き続けることなんですね。

言葉のイメージで目的に沿わないことをイメージさせてしまうケース、もしかしたら他にもあるかもしれませんね。

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アレクサンダー・テクニーク, レッスン, 思考と心, 練習, 身体の仕組み

© 2021 聴く耳育成メソッド