アレクサンダー・テクニーク レッスン 思考と心 本番 練習

予想外のことが起きた時

Pocket

緊張したときや驚いたときなどとっさに出てしまう動き思考って必ずしも演奏にプラスに働くことだけではありませんが、これって仕方のないものなのでしょうか。

有吉尚子です。こんにちは!

もしかしたら誰でもそうかもですがわたしは子供の頃飲み物などで熱いものに触れたら驚いてとっさに手を引っ込めていました。

そうすると持っていたマグカップは床に落ち壊れ、飲み物は散らかり、手だけならまだしも手以外に足など追加でやけどをしたりとっさの反応をしていたために二次被害的なことを起こしてしまったりしていました。

20160811_223434

それを何度も繰り返して、熱いと感じたら後先考えずに手を引っ込めるのは最善の策ではないと気付きました。

今では熱いものに触ってもすぐに手を離さず二次被害を防ぐことができます。

大人なんだから当たり前ですが(笑)

きっと誰でも何かしら似たような経験はしているのではないでしょうか。

たとえば、楽器を持っているときに地震がきて近くの棚から時計が落ちそうになったらどうしますか?

20160811_223803

急激な動きをして本番前なのに楽器をどこかにぶつけてしまうより時計が落ちる方が結果的に被害が少ないから「あわてて時計を受け止める」より
「時計は落ちても放っておく」=「楽器を守る」
を選んだ方がいいこともあるでしょう。

そういう風にとっさの反応というのはそれまでの経験や思考などの積み重ねで自分で選んでいるものなんですね。

では緊張する本番中、指が震えてることに気付いたらどう反応しますか?

とっさに震えないように力を入れるというのもひとつの反応です。

別の選択肢としては、震えてるかどうかは放っておいてどういう風に作品をお客さんに紹介したいかを改めて考える、というのもひとつです。

音楽のエネルギーがどこにどんな風に向かってるかを再確認する、というのも選択肢のひとつ。

例をいくつか挙げましたが、この中で「震えを止めるために力を入れる」というのは、パフォーマンスをする上ではあまり有利になりにくい選択なことが多いんです。

なぜかというと力を入れて動きを止めることと、本番で起こっている色んなことに柔軟に動いて対応することは反対のことだから。

望むように演奏するために最善の選択をするか最善でない反応を選ぶかは選択次第ですが、つい習慣で選んでしまっていることが最善でないと知らない場合もあるんですよね。

事前に何を選ぶかを想定した練習をするというのも緊張する場面で本来の力を発揮するのにはいいことかもしれませんね。

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人

有吉 尚子

1982年栃木県日光市(旧今市市)生まれ。小学校吹奏楽部にてクラリネットに出会い、高校卒業後19才までアマチュアとして活動する。20才のときに在学していた東京家政大学を中退し音大受験を決意。2003年洗足学園音楽大学入学。在学中から演奏活動を開始。 オーケストラや吹奏楽のほか、CDレコーディング、イベント演奏、テレビドラマBGM、ゲームのサウンドトラック収録など活動の幅を広げ2009年に洗足学園音楽大学大学院を修了。受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。  及川音楽事務所第21回新人オーディション合格の他、コンクール・オーディション等受賞歴多数。 NHK「歌謡コンサート」、TBSテレビドラマ「オレンジデイズ」、ゲーム「La Corda d'Oro(金色のコルダ)」ほか出演・収録多数。 これまでに出演は1000件以上、レパートリーは500曲以上にのぼる。 レッスンや講座は【熱意あるアマチュア奏者に専門知識を学ぶ場を提供したい!】というコンセプトで行っており、「楽典は読んだことがない」「ソルフェージュって言葉を初めて聞いた」というアマチュア奏者でもゼロから楽しく学べ、確かな耳と演奏力を身につけられると好評を博している。 これまでに延べ1000名以上が受講。発行する楽器練習法メルマガ読者は累計5000名以上。 「ザ・クラリネット」(アルソ出版)、吹奏楽・管打楽器に関するニュース・情報サイト「Wind Band  Press」などに記事を寄稿。 現在オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動のほか、レッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 BODYCHANCE認定アレクサンダーテクニーク教師。 日本ソルフェージュ研究協議会会員。音楽教室N music salon 主宰。

-アレクサンダー・テクニーク, レッスン, 思考と心, 本番, 練習

Copyright © N music salon All Rights Reserved.