楽器練習効率化ガイドブック

アドバイスなど何かを伝えるとき、
何度言っても通じない
なんて相手に出会ったことは
ないでしょうか。

20160803_190956

有吉尚子です。こんにちは!

時にはアドバイスやレッスンなどを
する必要があっても
音楽家がレッスンするということを
学ぶ機会は日本では
まだほとんどないので、
大抵が自分のやってきたことや
教えてもらったことを
そっくりそのまま伝える
ということをしがちです。

もちろん自分がやってきて
ある程度の効果があったことは
同じことをやって効果の
ある人も一定数いるでしょう。

でも。

動作や知識の学習の仕方には
人によってそれぞれ違うパターンが
あります。

先生がやって見せてスッと理解
できる生徒もいれば、
ひとつひとつ論理的に説明されて
それに納得する生徒もいます。

自分で試してみないと感覚が
つかめないという人も
いるでしょう。

つまり先生がやってきた通り
のことはそのままでは
理解できないという人も
中にはいるわけですね。

そういう生徒さんは理解力が
無いのでも相性が合わないのでも
ありません。

ただ単にコミュニケーションの
パターンがあなたと違うだけです。

劣った相手なのではなく
自分とは違うことに長所がある、
ということを忘れないで
いたいものですね。

このコミュニケーションの違い、
代表的なのは視覚聴覚体感覚
3つのタイプです。

例えば、
視覚からの情報を
受け取りやすい人は
先生のやっていることを見たり
図で解説されたりすると
すぐにわかります。

聴覚からの情報を受け取りやすい
タイプは説明を聞いたり、
音を真似したりというのが得意。

体感覚からのタイプは肩や膝を
トントンとリズム叩きを
してもらったり
自分で実際にやってみたりすると
言葉ではなくても
理解できたりします。

もちろんこの3つに必ず分類できる
わけでもなく複合的に
組み合わされたり別の要素が
必要だったり、
ということはあります。

とはいえ目の前の相手が
自分と違う情報の受けとり方を
しているとわかったら、
どうやったら伝わるのかを考える
こともできるし、
その人に合うかもしれない
別の先生を紹介することも
できますよね。

伝わらないのは先生の
コミュニケーションのパターンと
生徒のパターンが違っている、
ということが原因のことも
意外に多いものです。

20160803_190436

「何度言ってもわからない
なら破門だ!」
なんて思う前に、人それぞれ
コミュニケーションの取り方には
特徴があることを知っておくのも
大切なことですね!

こんな記事が毎日届くメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
は無料でお読みいただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。