楽器練習効率化ガイドブック

「とにかく100回繰り返す!」
何ていうのは頑張ってる感じは
とてもしますが
実は練習方法としては
すごく効率が悪いんです。

2016-08-03_18.44.22

有吉尚子です。こんにちは!

もし「とにかく100回!」
なんてことをしていなくても
間違えたらとっさに無条件で
やり直す!というクセを持った
方をたくさん見かけますが、
言ってしまうとそれも
とにかく100回練習と同じこと
なんですよ。

なぜかというと、何が原因で
どんなことが起きてるのか
あやふやのまま繰り返すことで
上手くいってない
動作を引き起こすクセを
強化することになるから。

混乱するための練習になって
しまうんですね。

上手くいかない箇所が
どう上手くいってないのか
はっきりさせて、
どうしたら上手く行くのかを
試行錯誤するのが練習です。

速いパッセージが上手く吹けない
という場合にも原因は
色々あります。

例えば

・指や身体の動きが
そのパッセージに慣れていない

・何の音を出すのかがあやふやで
混乱している

・必要な動きを勘違いして
動作を行っている

など。

原因がわかれば対処法もそれぞれ
見つかってきます。

何が起きているかがわかったら
どんな練習をどれくらいしたら
良くなるのが見通しが立って
希望を持って練習できますよね!

では
次回からはそれぞれの原因について
解説してみようと思います。

こんな記事が毎日届くメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
は無料でお読みいただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。