楽器練習効率化ガイドブック

演奏するときには
ムダな動きはしない方が良い!

それって本当でしょうか。

有吉尚子です。こんにちは!

疲れてるときや緊張したとき、
また上手く演奏したいと
思ったときなど
ついムダな動きをせず
必要なことだけ!
なんて思ってしまいがちです。

でも。

「ムダな動きをしない」
ということは
必要な動きもしないこと
紙一重でもあり、
また一見ムダのようだけど
関連してる必要な動きを制限する
ということにも
繋がりやすいのです。

ムダなことをせず必要なことだけ
しているつもりが、
必要な動きもしないよう
身体を固めることに繋がっていたら
まったく逆効果ですよね。

20160729_193911

アレクサンダーテクニークを
脱力法だと勘違いしてる方が
ときたまいらっしゃるのですが、
何かを行うのに脱力なんて
する必要はありません。

そもそも動くためには
筋力は必要なんですから。

したいことのために
自分の心身が協調して働くことが
一番効率的なんですね。

つまり
やりたいことのために
できることをする!
ということです。

おまけにひとつ、
私は疲れてるからムダな動きを
しないようにと思ってると
あちこちを固めることになって
余計に疲れてしまったり
かえって痛くなってしまったり
なんてこともありがちでした。

そんな時はむしろ、
動ける場所は勝手に動いて良し!
ということにしてみると
意外に身体が楽に軽く
感じられたりしましたよ。

ピンと来ることがあれば
どうぞ試してみてくださいね!

もっと色々詳しく知りたいよ!
という方はメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
が無料でご購読いただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。