コミュニケーション ソルフェージュ レッスン 合奏・アンサンブル 思考と心 練習

「高い」「低い」とダメ出ししていませんか?

Pocket

吹奏楽のレッスンをしにいくとよく見かける光景に、全員がそれぞれチューナーを譜面台に置いてクリップマイクで楽器から音を拾っている様子がありますね。

有吉尚子です。こんにちは!

ハーモニーを合わせるトレーニングとして、耳ではなく視覚で音程を合わせるというのはまったく意味が無い…

なんてことはよく話題になることだし、チューナーではなく耳で合わせる練習を取り入れてる先生もたくさんいらっしゃいます。

2016-07-30_01.28.51

では、耳で合わせるためにできるアドバイスって具体的にはどんなことがあるでしょうか。

相手の出した音に「高い」「低い」とコメントするのは、耳を使う練習としてあまり良い方法ではありません。

なぜかというと、外部からのフィードバックであるという点でそれではチューナーと変わらないから。

自分の中に基準がないのに音程を他人からただ高い低いなんて言われ続けたら、しまいにはわけがわからなくなってしまいます。

では、自分で判断できる耳を育てるためにはどんなことができると思いますか?

大切なのはすぐに正解を言ってしまわず相手が考えたり感じ取ったりするチャンスを作ってあげることです。

20160728_233228

すぐに正解とかヒントをもらってばかりでは自分で考えたり判断することができなくなってしまいます。

それに安全な環境できちんた間違えた経験というのは、その後に活きるものです。

間違えたことがなければ間違えることが怖くなってしまいますからね!

まずは合ってないと思ったら高くか低くかはどっちでもいいから音程を動かしてみることです。

もしも、よりズレたら反対だったということで逆の操作をすればいいだけのこと。

自分の耳で聞き取って意図的に音程を変化させる体験を積み重ねること、これを繰り返せばどれくらい抜き差しすればどれくらいの音程変化が起こるのかなんてことがだんだん身に付いていきます。

待つのもトレイナーとしては大切なお仕事ですね。

どうぞ試してみてくださいね!

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-コミュニケーション, ソルフェージュ, レッスン, 合奏・アンサンブル, 思考と心, 練習

© 2021 聴く耳育成メソッド