楽器練習効率化ガイドブック

「音楽を専門的に勉強して
 こなかったから恥ずかしい」

なんて声をたまに耳にしますが、
音楽を専門に選ばなかったのは
別に好きではなくて情熱が
大してないからなのでしょうか。

有吉尚子です。こんにちは!

趣味で音楽をする方の場合は
音楽だけをやっていれば良い
プロや音大生と違い、
それぞれにお仕事があったり
家庭があったりして、
音楽の優先順位は高くない
ことも多いです。

20160728_232942

それはやる気とか熱意とか
そういう問題ではなく、
他に大切にしたいものがある
ということ。

そういう方に専門家を目指す人と
同じ練習量や熱意を求めても、
それはとんちんかん
というものですよね。

わたしも今年こそは英語の勉強を
始めよう!なんて毎年決意して
年末になれば、
「まあ来年から・・」
なんて思ってますから
そういうのと同じことですね。

・仕事にしたいほど音楽が好きな人

・他の専門分野がありながらも
音楽をやり続けたい情熱を
持っているアマチュア奏者さん

どちらが優れてるとかいうこと
ではなくそれは単純に
専門分野の違いですし、
それぞれが大切にしたいものを
大切にするのは当たり前の権利
です。

忙しくて時間が取れない、
それでも上手くなりたいと
レッスンに通うなんて、
それ自体が音楽に対する
かなりの情熱ですよね!

「今まで専門的に学んでは
 こなかったことを後悔する」
なんて方によくお会いしますが、
それは他に専門として学んだことが
あるわけなので音楽が大切でない
ということには繋がらない
と思います。

そんな忙しくて時間は無いけれど
音楽を学びたい生徒さんの場合、
音楽の専門家として
どんなサポートができるか、
改めて考えてみたいことの
ひとつです。

もっと色々詳しく知りたいよ!
という方はメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
が無料でご購読いただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。