アレクサンダー・テクニーク レッスン 思考と心 練習 身体の仕組み

頑張ってる感は必要?

Pocket

前回の記事では本当は楽にたくさん息を吸える方法を知っているのになぜわざわざ音を立てたり吸ってる感じを得ようと抵抗感を作ろうとしたりしてしまうのでしょうか、というお話でした。

有吉尚子です。こんばんは!

これって吹奏楽の出身者には結構あるあるな思考パターンが原因になっています。

コンクールに向けてや定期演奏会に向けて体育会系な訓練を積み重ねてくると、良い演奏のためには辛い努力が必要なんだ、と思い込んでしまったりします。

燃える腕

練習が辛いかどうかと演奏のクオリティは本当は関係ないのに!

そして効率的で演奏のクオリティも上がるやり方を知ると、

「良い演奏のためには辛い思いをしなければいけないのに、こんなに楽に感じるのはダメなのではないか?」

なんて思うようになってしまいます。

そんな思考が実際は役に立たない無駄な頑張ってる感を作り出したくなってしまう理由のひとつ。

辛い思いをするかどうかはどうでもよくて本当は思ったように演奏したい、というだけのことなのにいつの間にか目的がすりかわってしまうのです。

そういうことのよくあるもう一つの例として、息を吐くときにお腹を固める動作があります。

20160725_102532

腹筋を使って!
息の支え!

なんて言われるとついお腹の筋肉を固めてしまうのは自然なことです。

そしてお腹をカチカチに固くするのは疲れる上に息を吐くことを邪魔します。

これもやってる感じはとてもしますよね。

でも。

息を吐くときにはお腹は柔らかく動き続けている必要があります。

たとえば均等に息が出ていくなら、一定の速度で空気が動き続けるようにコントロールをし続けることが必要です。

お腹をカチカチにしてしまうとそんな繊細なコントロールはできません。

コントロールし続けるのは固めるのと違います。

頑張ってる感はとてもするけど演奏の邪魔をしてしまう、そんなことって結構たくさんあります。

つまらない思い込みのせいで辛くて大した意味のない練習を延々としてしまうなんていう時間とエネルギーのもったいないことはしたくないものですね。

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アレクサンダー・テクニーク, レッスン, 思考と心, 練習, 身体の仕組み

© 2021 聴く耳育成メソッド