楽器練習効率化ガイドブック

前回は落ち着き和音「トニック」
の種類について解説しました。

有吉尚子です。こんにちは!

今回はドミナント
作品の中では盛り上がりを
担当する和音について
見てみましょう。

プリント

ドミナントの和音、
どんなのがあるでしょうか?

まず5度属7ですね。

他には7度も属7の根音省略形
という亜種みたいなものなので
ドミナントの仲間です。

では。

5度と属7はどんな風に
使い分けられてるのでしょうか。

この二つの違いは7の音が
入ってるかどうかなんですが、
それは聴いた時に
和音が濁ってるかどうか
の違いですね。

濁ってないただの5度よりも
濁っている属7の和音の方が
当然ながら解決したい感は強くて、
より推進力が強いです。

先に進むパワーがより
たくさんあるんですね。

矢印

そして濁ってる不安定感というのは
興奮や盛り上がりでもあります。

場面にもよりますが、
わざわざぶつかる音を
作曲家が書いた
濁ってる和音の特色は
演奏するときには
ぜひとも強調したいポイント
です。

曲の中で音量をわずかに変化させる
ようなことも演奏中はありますが、
5度より属7を小さくしてしまうと
せっかくの強調したいはずのものが
隠れてしまって意味のわからない
ことになってしまいます。

あれ?と思う音があったら
あえてこの音を入れたのは
どういう意図なのかな?
なんてことを考えてみると
作曲家の考えていたことに少し
近づけるかもしれませんね!

もっと色々詳しく知りたいよ!
という方はメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
が無料でご購読いただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。