楽器練習効率化ガイドブック

前回の記事では
単純な盛り上がりと落ち着き
だけではなくトニック・
ドミナント・サブドミナント
それぞれに何種類かあって、
色合いや役割も違っていたりする
ということでした。

カラフルクレヨン

有吉尚子です。こんにちは!

ではそれぞれの機能ごとに
見てみましょう!

まずは落ち着きを表す
トニックの和音について。

これはC-durの和音度でいうと
ドミソの1度とラドミの6度、
この二つがあります。

この二つ、ドとミが共通だし
なんだか似ているんですが、
使い方がちょっと違います。

ドミソの1度は曲の最後なんかで
使われる一番ホッとする
帰ってきた感の強い和音です。

ラドミの6度は
ホッとする感じはありますが、
完全に終わった感じはしません。

ほんとかな?と思ったら
スマホのピアノアプリで
音を聞き比べて見ましょう!

この6度の和音に行き着くと
何だか収まりが悪くて
座ろうとした椅子を引っ込められた
ような感じがします。

終わる場面に使われた時は
偽終止なんて言います。

偽の終わりって雰囲気なんです。

演奏する時に例えば、
C-durでフレーズの語尾が
ドだとしても
完全にホッとする
和音の中のドなのか
偽終止のちょっと騙された感のある
和音の中のドなのか
表情を変える必要がありますよね。

役割りとしては同じ落ち着き和音
なのに面白いですね!

ピンときたら表情の変化に
取り入れてみてくださいね!

次回は盛り上がりの和音について
解説しますのでお楽しみに!

もっと色々詳しく知りたいよ!
という方はメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
が無料でご購読いただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。