楽器練習効率化ガイドブック

有吉尚子です。こんにちは!

音大出身の方や小さい頃から
音楽を勉強してき方で
意外に多いのが

「アナリーゼのやり方は
知ってるけどそれが何の
役に立つかはわからない」

というパターン。

そこについている和音が
何度のどの転回形かも、
それがどんな役割かも知っていて、
なぜそんなことが起きる
のでしょうか?

はてなシマウマ

これ、以前も書きましたが
実際の演奏にどう結びつけるかを
教わっていないからなんですね。

ただ単に分析だけできても
その意味がわからないなんて
もったいない!

分析は作曲者からのお手紙である
楽譜から情報を受け取るために
するものです。

手紙

楽譜には音符や表情記号や拍子
以外にも行間から読み取れること
がたくさん。

そして読み取った先のゴールは
実際の演奏にどう活かすか、
ですよね。

せっかく分析ができたとしても
曲の構成や構造ばかり
気になるようじゃ、
音楽の本質から離れて
どんどん机上の学問に
なってしまいます。

それでは実際の曲で見たときに
受け取って演奏に反映させられる
楽譜からの情報って、
具体的にはどんなものが
あるのでしょうか。

楽譜に書いてあることって音符や
表情記号や拍子やテンポだけ
ではありませんね。

例えば。

和音が書いてあればそこには
それぞれの和音ごとの
色合いの変化とその変化による
ストーリー展開があります。

リズムが書いてあればモチーフや
フレーズの向かう先が
どこなのかとか、
どんなテンポ感なのかとか、
テンポ感によって作品の
そもそも持ってる
性格なんかもわかります。

また、どこがどんな風に
変化させられているのか、

もしくは同じ要素が
どう繰り返されてるのか、

ということには作品をどんな風に
展開したいかという作曲家の意図が
とてもよく表れています。

趣味でやっている方は忙しいし
自分でモチーフの展開や
和声の分析をするのは
なかなか大変ですが、

最初のテーマ部分と似たところは
どこにあるかな、またガラッと
雰囲気が変わるのはどこかな、
なんて探すと対比で見られる素材
見つかったりします。

分析が得意ではない方でも
そういうところに注意して
どんな違いがあるのか見てみると
楽譜が少し立体的に
見えてくるかもしれませんね!

もっと色々詳しく知りたいよ!
という方はメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
が無料でご購読いただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。