楽器練習効率化ガイドブック

スケールやアルペジオや和声学、
対位法、音楽史、その他たくさんの
いつか知りたいことを
興味を持ってやるには
どうしたらいいのか、
ということでした。

有吉尚子です。こんにちは!

実はフランスの音楽院などで
近年取り入れられている手法に
フォルマシオン・ミュジカル
というのがあります。

エッフェル塔

作品を丁寧に見たり、
ひとつひとつのスキルを確実に
伸ばすために要素を分けたり、
というのはもちろん
必要なことです。

でも、細かく分けられた要素を
再統合する作業は生徒の自主性に
任されていたりするんですよね。

そしてどう再統合したらいいか
わからないままほったらかす・・・

ということが起きないように、
音楽作品のいち部分を抜き出して
聴音や視唱や和声学や分析の
素材に使おう!という考え方です。

そうすると学んだ理論や
基礎スキルがどう実際の演奏で
活きるのか一目瞭然なわけです。

これって忙しい大人プレーヤーや
試験やら部活やら受験に追われる
中高生のレッスンでも活かせる
アイデアではないでしょうか。

普段オーケストラや吹奏楽を
やってる生徒さんなら、
そのままそのときやってる曲を
素材に使ってしまえます。

そうでない生徒さんなら、
私が使うのは映画音楽や
有名なアニメ作品の
サウンドトラックなど。

トトロ

クラシックの本格的な
お勉強はちょっと・・・という方も
この映画見た!知ってる!
そういう旋律が素材だと楽しく
取り組んめたりします。

そしていつの間にかモーツァルトの
旋律の和声分析が軽々と
できるようになってることに
気が付いて驚いたり。

できる!

という実感を一度味わえたら、
それが楽しくなりますから
どんどん色んな素材に
チャレンジしたくなりますね。

車の運転をされる方は
免許が取れたら運転してみたく
なったときのこと、
覚えていますよね!

そうやって入口を作るレッスン、
大切にしたいなと思っています。

もっと色々詳しく知りたいよ!
という方はメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
が無料でご購読いただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。