アレクサンダー・テクニーク 練習 身体の仕組み

姿勢コントロールで音も変わる

Pocket

前回の記事では姿勢の要になる胴体はどうなっているのが一番演奏に有利なのでしょうか、ということでした。

有吉尚子です。こんにちは!

結論から言いますと、どんな動きでもできる柔軟性のある状態が演奏には一番有利です。

そこからすぐに色んな動きに移れる姿勢というのが言ってしまうと理想ですね。

音符ラッパ

姿勢には「これが正解!」という型はありません。

その人の骨格や筋肉量や筋力の強さそれぞれで違うのが当然です。

とは言っても、物理的に動ける場所でないところを動かそうとしたり、構造的にやりにくいことをやろうとしたりすれば怪我故障に繋がってしまいます。

そして姿勢のコントロールとして、できることとできないことを
把握しておくのは怪我や故障を防ぐだけでなく音質コントロールの可能性を広げたり音量アップの役にも立ちます。

では、胴体を支える背骨にできることとできないことってどんなことがあるでしょうか。

背骨は首のあたり、肋骨のついてる胸あたり、それ以下の背中から腰までの三つの部分に分けられます。

全部つながってて一本の背骨なんですが、部分によって動き方に違いがあります。

・首のあたりは前後、左右の傾き、回転どうにでも動けます。

・胸のあたりは多少丸くはなれますが大きな動きはできません。

・腰のあたりは反るのは得意です。

これが大まかな特徴。

この他に構造的にできないことがあって、それをやろうとすると腰痛になったりする動き
もあります。

それについてはまた次の記事で!

メール講座では演奏に必要なスキルについてさらに詳しく毎日無料でお届けしています。ぜひ読者登録してくださいね!
完全無料

受信形式

HTMLメール

文字メール

  • この記事を書いた人
有吉 尚子

有吉 尚子

クラリネット奏者。 栃木県日光市出身。 都立井草高等学校卒業。2007年洗足学園音楽大学卒業。2009年同大学院修了。 クラリネットを大浦綾子、高橋知己、千葉直師の各氏に、室内楽を平澤匡朗、板倉康明、岡田伸夫の各氏に師事。 ミシェル・アリニョン、ポール・メイエ、アレッサンドロ・カルボナーレ、ピーター・シュミードルの各氏の公開レッスンを、バスクラリネットにてサウロ・ベルティ氏の公開レッスンを受講。 受講料全額助成を受けロシア国立モスクワ音楽院マスタークラスを修了。 及川音楽事務所第21回新人オーディション合格。 2010年より親子で聴ける解説付きのコンサ-ト「CLARINET CLASSICS」~クラシック音楽の聴き方~をシリーズで行う。 2015年、東京にてソロ・リサイタルを開催。 オーケストラやアンサンブルまたソロで演奏活動を行っている。 また、ソルフェージュや音楽理論、アレクサンダーテクニークなどのレッスンや執筆、コンクール審査などの活動も行っている。 音楽教室N music salon 主宰。

-アレクサンダー・テクニーク, 練習, 身体の仕組み

© 2021 聴く耳育成メソッド