楽器練習効率化ガイドブック

前回の記事では「気をつけ」
な姿勢では腰痛になったり
ブレスの邪魔を
してしまうことがある、
ということでした。

有吉尚子です。こんにちは!

2016-07-02_19.25.47

では、一番左の猫背に

見える姿勢は
どうなのでしょうか。

2016-07-02_19.23.49

単純に猫背だからダメ、
とうことではないんですね。

なぜかというと、
見栄えが悪くてもその人の
身体の構造に適していれば
奏法の有利さという点では
それが一番だからです。

その上で、構造に適さないほどに
丸まってしまうのは肋骨や肺を
圧迫してしまうことが多いので
あまりオススメはしません。

とはいえ、背骨が丸まっているのか
背中にお肉がたくさん
ついているため骨格的には
そうでもないのに丸く見えるのか、
というのは専門家でないと
見極めが難しいところです。

だから誰にでも同じように
「背筋がまっすぐに見える姿勢を
しなさい!」
という指導は危険なんですね。

では、姿勢の要となる胴体って、
一体どうなっているのが一番
演奏に有利なのでしょうか。

次の記事に続きます。

もっと色々詳しく知りたいよ!
という方はメール講座
〜スキマ時間で確実に上達する〜
【管楽器プレーヤーのための練習テクニック】
が無料でご購読いただけます。

この機会にぜひどうぞ♪

お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール
※ezweb、docomoとガラケーは
文字化けしてしまいますので、
文字メールを選択してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。